• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 登山TOP / 山梨 / 御岳昇仙峡(01)羅漢寺山と渓谷道

    登山記録 御岳昇仙峡(01)羅漢寺山と渓谷道

    基本情報

      (装備・その他は、余裕があれば持ちたいものです)
    登山記録 御岳昇仙峡(01)
    日付 2019.07.02
    山/標高 羅漢寺山(弥三郎岳):1058m
    天候 曇天
    所在地 山梨県甲府市猪狩町
    登山ルート 長潭橋登山口から昇仙峡を時計回りに周回
    行動時間 約5時間(休憩含む)
    登山ルート
    (詳細)
    市営駐車場~長潭橋登山口~太刀抜岩~分岐・獅子平~白山~白砂山~パノラマ台~羅漢寺山~パノラマ台~金櫻神社登山口 ~県道7号線~昇仙峡商店街~仙娥滝入口~渓谷道~市営駐車場
    装備補足 登山用 基本装備の他は、撮影時にカメラ保護のため折畳傘、夏期のため飲料水を少し多めに
    その他 この時期は登山者が少なく草木が茂るので熊鈴などは必携(山中での遭遇者ゼロ)
    アクセス 登山口 長潭橋登山口(近くに市営駐車場と天神森バス停)
    中央道・甲府昭和ICから約13km
    バス 甲府駅から昇仙峡滝上線を利用、天神森バス停で下車
    関連情報 【 公式ウェブサイト 】
     [1]昇仙峡観光協会 :ハイキング関連の情報あり
     [2]トラベルjp   :昇仙峡のハイキング案内の記事
    【 少遠景の記録 】
     [3]金桜神社のスギ群:昇仙峡の上流に位置する古社、7本のスギの御神木

    登山ルート・地図

      (地図中の軌跡は地図・GPSを元に作成)

    登山ルート移動時間表

      (時刻は到着時刻、移動と休憩・他は、次の地点までに要した時間)
    日付 主要地点 時刻 移動 休憩・他 備考
    2019.07.02 駐車場 05:28 00:02 --:--
    長潭橋登山口 05:30 00:10 --:--
    林道合流 05:40 00:08 --:--
    登山道再開 05:48 00:28 --:--
    外道ノ原 06:16 00:21 --:--
    太刀抜岩 06:37 00:03 00:05 小休憩
    分岐・獅子平 06:45 00:11 --:--
    白山 06:56 00:16 00:05 歩き回って遊ぶ
    分岐・白砂山 07:17 00:09 --:--
    白砂山 07:26 00:08 00:14 休憩
    分岐・白砂山 07:48 00:11 --:--
    パノラマ台 07:59 00:18 --:--
    羅漢寺山 08:17 00:11 00:09 休憩
    パノラマ台 08:37 00:30 00:22 ロープウェイの9時の便を待つが不発
    金櫻神社登山口 09:29 00:26 --:--
    仙娥滝入口 09:55 00:14 --:--
    覚円峰展望地 10:09 00:07 00:03 小休憩
    樹光庵(店) 10:19 00:13 00:12 訪れた記念にブレスレットを買う
    天鼓林 10:44 00:17 --:--
    大佛岩 11:01 00:16 --:--
    亀石 11:17 00:05 --:--
    駐車場 00:00 --:-- --:--
    合計 5時間54分 4時間44分 1時間10分
    登山口~外道ノ原
      (写真01-01~01-05)

    登山口から10分ほどの登りで道路に出る。 道が急カーブする地点の谷間で登山道が再開。 しばらく進むと尾根上の登りとなる。 平坦気味な尾根となってくると、山道は標高約750mほどのピークを迂回していく。 やがて山道は吉沢方面から来る道と合流し外道ノ原に入る。 太刀抜岩に登りつくまで展望はなかった。

    外道ノ原~白山
      (写真01-06~01-15)

    不思議な雰囲気の外道ノ原。古い開拓地で少し木々が疎らで石垣に囲まれた耕作地の後がある。 外道ノ原を過ぎると山道の傾斜は増し、太刀抜岩の基部と見える岩壁を左に迂回して登っていく。 太刀抜岩との分岐からすぐ先に、左手に獅子平との分岐。 この先で山道は大きく右に曲がり尾根沿いをいき、約10分ほどで左手に白山への道。

    白山~白砂山
      (写真01-16~01-20)

    道は尾根上から北側の山腹に続いていく。木々が深く展望はない。 パノラマ台と白砂山の間にある鞍部の付近に白砂山との分岐。20分もあれば往復できる。 尾根を登っていき三角点のある地点を過ぎると、白い砂と岩に覆われた展望の尾根に出る。 羅漢寺山と周囲の眺めが素晴らしい。

    白砂山~羅漢寺山
      (写真01-21~01-30)

    白砂山から鞍部の分岐に戻りパノラマ台へ向かう。一部に急坂。 山道は富士山遥拝所のところに出る。 ここから八雲神社、昇仙峡ロープウェイ駅舎と売店を過ぎ、羅漢寺山へ続く尾根を東へ。 途中に展望地あり。 山頂手前に岩を削った石段、補助の手すりや鎖のある急坂あり。 山頂一帯は巨大なドーム状の一枚岩。素晴らしい展望地。

    羅漢寺山~金櫻神社登山口
      (写真01-31~01-32)

    パノラマ台まで戻り、北の尾根沿いに続く山道を歩く。 すぐ先にある左の分岐は下福沢への山道。 作業車が通れる歩きやすい林道である。 約20分ほど下っていくと道は舗装道に。 約10分、ゲートや墓地のある地点を過ぎ、県道に出る。ここが金櫻神社側の登山口である。

    金櫻神社登山口~仙娥滝入口
      (写真02-01~02-02)

    金櫻神社には寄らず、すぐに県道を南下して昇仙峡の滝上エリアに向かう。 金櫻神社には見事なスギの巨木群があるので、時間と体力に余裕のある方は立寄りをお勧めする。 30分ほどで商店街に囲まれた仙娥滝入口に着いた。

    渓谷道:仙娥滝入口~天鼓林
      (写真02-03~02-14)

    仙娥滝から覚円峰の展望地までの区間の渓谷道は、歩道であり、特に渓谷の景観が劇的な核心部であった。 覚円峰の展望地から先の渓谷道は、下流の長潭橋まで車道となる。 途中で店の並ぶところ、県営無料駐車場、羅漢寺橋を過ぎて、渓谷道の中間地である天鼓林に着いた。公衆トイレあり。

    渓谷道:天鼓林~大佛岩
      (写真02-15~02-18)

    天鼓林から下流には、奇岩怪石が続く。 上流の渓谷核心部(仙娥滝~覚円峰展望地)と比べれば見劣りするが、なかなかの渓谷美であった。 特に迫力を感じたのが登竜岩と寒山拾得岩のある大岩壁。 奇岩怪石の多くは名前通りらしい姿には見えない。 もっともらしい姿をしているのは、松茸石と大佛岩と感じた。

    渓谷道:大佛岩~亀岩
      (写真02-19~02-28)

    大佛岩から亀岩の渓谷道最下流区間では、富士石周辺の景観が特に気に入った。 期待していた猫石がまったく猫に見えないのが少し残念。 猿岩は確かに人面の形に見えた。 平日のため、県営中駐車場から長潭橋の区間までは、何台もの車とすれ違った。 渓谷道の車道は平日のみ車が通行できる(下流から上流への一方通行)。

    道中の写真(長潭橋登山口~羅漢寺山~金櫻神社登山口)

    01-01:登山口 御岳昇仙峡01_01

    長潭橋の右岸袂の近くにある.動物除けの鉄柵を開けて進む.

    01-02:林道 御岳昇仙峡01_02

    登山口から約10分で林道へ出て、しばらく進むと登山道が再開する

    01-03:登山道 御岳昇仙峡01_03

    再開した登山道は谷間から尾根沿いに登って行く

    01-04:登山道 御岳昇仙峡01_04

    尾根上の道が少し平坦になってくると、ピークを迂回していく地点がある

    01-05:外道ノ原 御岳昇仙峡01_05

    左側の谷から来る道と合流して登って行く(右手)

    01-06:外道ノ原 御岳昇仙峡01_06

    先ほどの合流点から先、古い集落があったとされる外道の原を登って行く

    01-07:岩壁 御岳昇仙峡01_07

    外道ノ原を抜けると少し急登が続く.山道は岩壁を左に迂回して続く.

    01-08:岩壁 御岳昇仙峡01_08

    先ほどの岩壁に寄り道してみた.木槌?のようなものがあった.

    01-09:太刀抜岩 御岳昇仙峡01_09

    太刀抜岩の手前にある分岐.右手と左前方側に.

    01-10:太刀抜岩 御岳昇仙峡01_10

    分岐から5分もしない.断崖のため接近には注意が必要.

    01-11:太刀抜岩 御岳昇仙峡01_11

    岩に接近してしがみつく.展望地だが天気が優れなかった.

    01-12:獅子平分岐 御岳昇仙峡01_12

    獅子平は左に下る.この先の道は尾根沿いに出て右に曲がる.

    01-13:白山 御岳昇仙峡01_13

    白山の手前にある分岐.5分あれば往復できる.

    01-14:白山 御岳昇仙峡01_14

    白砂に覆われた展望地.天気が良ければ南アルプスが見える.

    01-15:白山 御岳昇仙峡01_15

    北側には茅ヶ岳と太刀岡山が見える.緑の海に浮かぶ砂浜.

    01-16:白砂山 御岳昇仙峡01_16

    白砂山の分岐.倒木を回り込んで右の尾根上を登っていく.

    01-17:白砂山 御岳昇仙峡01_17

    ここを登り切った先で、尾根は白い砂や岩に覆われるようになる

    01-18:白砂山 御岳昇仙峡01_18

    名前が示す通り白い砂に覆われた尾根

    01-19:白砂山 御岳昇仙峡01_19

    砂の尾根の先は展望がよく羅漢寺山の好展望地である

    01-20:白砂山 御岳昇仙峡01_20

    右のピークが羅漢寺山.左に見える大岩の名前は分からない.鎧岩?

    01-21:登山道 御岳昇仙峡01_21

    白砂山との分岐から先はパノラマ台へ.この大岩の先から道は急坂.

    01-22:パノラマ台 御岳昇仙峡01_22

    RW山頂駅のあるパノラマ台.山道はまず富士山遥拝所に着く.

    01-23:パノラマ台 御岳昇仙峡01_23

    富士山遥拝所から少し登った先にある八雲神社

    01-24:パノラマ台 御岳昇仙峡01_24

    八雲神社から先にRW山頂駅舎と売店などの施設

    01-25:羅漢寺山 御岳昇仙峡01_25

    パノラマ台から東尾根へ.所々に岩尾根を削った階段や展望地がある.

    01-26:羅漢寺山 御岳昇仙峡01_26

    山頂のドーム状の大岩の上から望む白砂山

    01-27:羅漢寺山 御岳昇仙峡01_27

    山頂からの展望.矢印の位置が白砂山の白い場所.

    01-28:羅漢寺山 御岳昇仙峡01_28

    山頂の最上段はこの先、岩峰を削った階段を登る

    01-29:羅漢寺山 御岳昇仙峡01_29

    山頂の最上段.三角点?.覚円峰の頂上もこのような雰囲気なのかも.

    01-30:羅漢寺山 御岳昇仙峡01_30

    北側の展望(2019年3月撮影).茅ヶ岳、太刀岡山、黒富士など.

    01-31:登山道 御岳昇仙峡01_31

    パノラマ台から金櫻神社方面の山道は、作業車も通れる歩きやすい林道

    01-32:登山口 御岳昇仙峡01_32

    林道の終盤は舗装道.ゲート地点を過ぎればすぐに金櫻神社に近くの県道.

    道中の写真(昇仙峡の渓谷道)

    02-01:RW山麓駅 御岳昇仙峡02_01

    金櫻神社方面の登山口から県道を歩いて約30分ほど

    02-02:仙娥滝入口 御岳昇仙峡02_02

    滝上エリアの商店街を歩いていくと渓谷道の入口につき当たる

    02-03:仙娥滝 御岳昇仙峡02_03

    石段を下ってすぐ先に仙娥滝の展望地

    02-04:昇仙橋 御岳昇仙峡02_04

    仙娥滝からすぐ先にある昇仙橋からの眺め.右奥の岩峰が覚円峰.

    02-05:石門 御岳昇仙峡02_05

    渓谷上流の見所の一つ石門.周囲の大岩壁も壮観である.

    02-06:浮石 御岳昇仙峡02_06

    石門の近くの渓流右岸にある大岩.浮いているように見えるらしい.

    02-07:覚円峰 御岳昇仙峡02_07

    渓谷上流の最大の見所、覚円峰の展望地.奥にトイレ.

    02-08:覚円峰 御岳昇仙峡02_08

    展望地の観.右の大岩壁は天狗岩、左の岩壁周囲は夢の松島と呼ばれる.

    02-09:覚円峰 御岳昇仙峡02_09

    高さ180mの威厳あるこの岩峰がそびえ立つ一帯が渓谷の核心部である

    02-10:覚円峰 御岳昇仙峡02_10

    2019年3月に訪れた際の写真

    02-11:寄り道 御岳昇仙峡02_11

    渓谷道の売店の松光庵.ここで店先に並ぶ自然石のブレスレットを買った.

    02-12:羅漢寺橋 御岳昇仙峡02_12

    対岸の羅漢寺に至る橋.今回は立寄っていない.

    02-13:えぼし岩 御岳昇仙峡02_13

    中央の岩.烏帽子の形に似ているという.

    02-14:天鼓林 御岳昇仙峡02_14

    渓谷道の中間地点.公衆トイレもある.

    02-15:登竜岩 御岳昇仙峡02_15

    対岸の大岩壁.右枠が登竜岩(節理が鱗状)、左枠が寒山拾得岩(僧の姿)

    02-16:はまぐり石 御岳昇仙峡02_16

    中央の平たい楕円形の大岩.貝のように見える?

    02-17:松茸石 御岳昇仙峡02_17

    中央奥に並ぶ2つの大岩.これは分かりやすい形.

    02-18:大佛岩 御岳昇仙峡02_18

    対岸にそびる岩峰.たしかに人の姿のように見える.

    02-19:猫石 御岳昇仙峡02_19

    アカマツの奥の大岩.右端の部分が顔らしい.

    02-20:熊石 御岳昇仙峡02_20

    中央奥の大岩.熊の背後の姿に見えるらしい.

    02-21:富士石 御岳昇仙峡02_21

    中央奥の右寄りの岩.先端が白っぽくなっている.

    02-22:富士石 御岳昇仙峡02_22

    下流側からの景観.上流の右奥に富士石.

    02-23:ラクダ石 御岳昇仙峡02_23

    左端が頭で右側がコブのある背中であるらしい

    02-24:猿岩 御岳昇仙峡02_24

    対岸にそびえる岩峰.人面の形をしている.

    02-25:トーフ岩 御岳昇仙峡02_25

    対岸の岩壁の基部に転がる方形の岩が2つ

    02-26:大砲岩 御岳昇仙峡02_26

    対岸の岩壁.左側に砲身のように見える部位が2つほど?

    02-27:オットセイ岩 御岳昇仙峡02_27

    中央に見える大岩のうち、どちらかがオットセイ岩

    02-28:亀岩 御岳昇仙峡02_28

    駐車場まであと5分ほどの位置.左端が頭で他は甲羅?

    登山の雑記

     山梨県を代表する観光地の一つ、国指定名勝の昇仙峡。 今まで混雑を予想して避けていた場所。 それでもロープウェイを利用せず、早朝に羅漢寺山に登ったことと、 人の少なめなオフシーズンであったことで、静かに絶景を堪能できました。 低山でも長潭橋から渓谷歩道と併せて周回することで、歩き応えも十分。 新緑と紅葉の時期にも再訪したい、実に優れた景観の大渓谷でした。  
     なお、羅漢寺山からの下山にはロープウェイを利用する予定でした。 しかし9時まで待っても運行が開始されず、あと30分は待つと告げられる。 オフシーズンの平日始発はこんなものか。 結局歩いて下山しました。 以下、昇仙峡で登山をする人へのアドバイスです。

    【 夏期の登山は避ける 】
    長潭橋から羅漢寺山までの区間は、夏期は避けたほうがよいです。 毛虫が大量発生していました。 特に太刀抜岩から白砂山までの道中では、鳥肌が立つ瞬間が多かった。 それでだけ広葉樹が多く、自然豊かな証拠ですが…。

    【 午前9時前の登頂 】
    素晴らしい展望地である羅漢寺山の山頂は、足場の狭い岩峰。 このため混雑すると危険。 観光客が来始める時間は、ロープウェイが運行開始する午前9時以降。 早朝に登っておくのがお勧めです。

    【 ロープウェイ利用の下山 】
    パノラマ台から北尾根に県道まで続く山道(林道)は、展望地や特筆するような見所はありませんでした。 金櫻神社に寄りたい人以外は、ロープウェイで下山するのも良いかも。

    【 渓谷道を通る車に注意! 】
    平日の渓谷道は車も通行できます。長潭橋から県営駐車場付近まで一方通行。 これが危険となります。 渓谷の美しい風景に集中していると、目の前に接近するまで車に気付かないことも。 渓流の音に消される走行音。 見通しの悪い区間では車にご注意を。