• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 登山TOP / 登山道具の紹介

    登山道具の紹介

    私が登山・キャンプなどに持って行くことがある装備の中から、少し珍しいと思うものご紹します。

    番号 種類 名前 解説
    製造元
    画像
    01 ヘルメット アルパインヘルメット  登山用のヘルメット。 固定は顎紐と後部のダイヤル式アジャスター。 3個所にヘッドランプを固定するクリップがある。 軽いので負担は少ない(250g)。
     私は本格的な岩場には行かないが、安全のために購入。 転倒・滑落・落石のダメージ軽減になるか。 険しい鎖場や岩場が多い山には持っていく。特に珍しくもない。
    mont-bell
    02 補修材 REPAIR-SHEET & TAPE  防水の登山ウェアの補修材。 内側はGORE-TEXのモンベルのリペアシート、外側は丈夫なギアエイドのリペアテープを使用。 アイロンで熱して圧着する。
     剥がれ難くするために、補修材の外側は丸くカットしておく。 補修後に1年経つが、まだ大丈夫のようだ。雨や雪で水漏れしたり、剥がれたりしなかった。
    mont-bell & GEAR-AID
    03 バッグ01 小型ポーチ(仮)  旅行用のバックやスーツケースで有名なメーカ製。 固定箇所は3点で、ベルトや肩紐などにしっかりと装着できる。 防水でないが、頑丈な造りで気に入っている。
     ザックの肩紐に装着し、頻繁に取出す小物を収納している (コンパクトカメラ・地図・GPS器機など)。 似たような構造で防水のものがあれば購入したい。
    ACE(エースラゲージ)
    04 バッグ02 ピンストライプスーツ  ショルダータイプのカメラ専用バック。 小さなポケットが両サイドにある。 防水ではないが、レインカバーが付属。 一眼レフに装着して収納できるレンズは長さ約75mm以下。 それ以上だと上蓋が閉まりきらない。
     荷物を減らしたい時、レンズを軽い短焦点1本にして、このバックに入れて行く。 カメラを出入し易い構造だが、室内は完全には密閉されず、横に隙間ができる。 上蓋のロックは簡易な1箇所のみ。
    HUGGER
    05 バック03 イエロースナッパー  カメラ専用のショルダーバック。蜜柑色。 ポケットの数が豊富で小物の収納にも便利。 頑丈な造りで室内の上蓋は2重(内側はジッパーで密閉)。 防水ではないが、レインカバーが付属。 一眼レフに装着して収納できるレンズは長さ約145mm以下。
     サイドポケットにコンパクトカメラを入れることも多い。 このサイズになると、傾斜が垂直に近い岩場や鎖場などでは、 胸や脇を圧迫して動きの妨げとなり危険。一時的にザックに固定・収納したことがある。
    HUGGER
    06 水筒 FOLDING-CANTENE(1.5L)  袋型の丸められる水筒。 特に珍しくも無いが、これは口が通常のボトルと同じサイズ。 口が広いので、水の注入が速く、内部を掃除しやすい。
     口が広い利点は欠点にもなる。 水を注ぐときに勢い余ってこぼし易いこと。 ザック収納時に口のある頭が嵩張って邪魔になること。でも良く使う。
    NALGEN
    07 FOLSTAF F34B  本来の用途は釣用のウェーディングスタッフ。 航空機用アルミ材のとても頑丈な杖。 6本の節に分離して専用ケースに収納。長さ・重さ(130cm/500g)
     メンテナンスとして、定期的に結合部にグリスを塗らないと分離に力が要る。 長さを調整できないので、持手の位置を下げる。 最上部のコルク材の持手の下に、野球バット用のラバーグリップを巻いた。
     登山用としては、長くて重くて邪魔。 入山者の少ない単独の深山、熊との遭遇時に突き出せば牽制できるか?
    FOLSTAF
    08 椅子 MINI-FOLDING CHAIR  折畳できるコンパクトなパイプ椅子。 総重量220g、耐荷重量100kg。 座面の幅は横22cm、縦18cm、高さ16cm。
     テント泊や、大休止をとって調理するときに持っていく。 メーカの一番小さなサイズ。 少し小さく感じるが携帯性を優先。濡れた地面に座るよりマシ。
    snowline
    09 カメラ三脚
    (01)
    Sherpa Active  3段式のアルミ製の三脚。 縮めた状態の長さ約40cm、重量960g(雲台含む)。 自由雲台は、元のものから大きなものへ交換した。
     三脚が必要でも、なるべく荷物を軽くしたいときに使う。 自転車で移動するときにも使うことがある。 足の接合部やフレームが細くブレ易いのが欠点。
    Velbon
    10 カメラ三脚
    (02)
    POCKET MP3-D01  カードサイズの非常に小さな三脚。本体重量75g。 コンパクトカメラ向きで、標準的な一眼レフの重さには耐えられない(重さでペタンっとなる)。
     卓上三脚という種類で、基本的に平坦で安定した物の上に乗せて使う。 何もないと地面からの超低アングルの撮影となる。 水平に調整するのが面倒。ほぼ使わない…。
    Manfrotto
    11 ナイフ01 MICRA  レザーマンの小型ツール。 収納ツールは、ハサミ・ナイフ・ピンセット・ヤスリ・栓抜き・マイナスドライバ(中小)・平型プラスドライバ。 重さ51g、収納時長さ6.5cm、ナイフ刃渡4cm。
     何かをちょっと切ったり開いたりしたいとき。 ハサミを含め、全てのツールは展開してからでないと使えない。
    LEATHERMAN
    12 ナイフ02 SQUIRT-PS4  レザーマンの小型ツール。 収納ツールは、プライヤ・ナイフ・ヤスリ・ハサミ・マイナスドライバ・平型プラスドライバ・栓抜き。 重さ56g、収納時長さ5.7cm、ナイフ刃渡4cm。
     プライヤはピンセットのように細かな作業用(主に摘んで引っ張る)で、根元がカッターになっている。 ハサミはけっこう小さいが、爪切りの代用にもなった。
    LEATHERMAN
    13 ナイフ03 ZERO-TOLERANCE-0561  ライナーロック式のフォールディングナイフ。 刃渡・10cm、刃厚・4mm、鋼材・ELMAX、ハンドル材・G10(裏はチタン)、重さ・169g。
     ベアリングで刃の展開はスムーズ(汚れが溜まると固くなる)。 グリップは、緩い傾斜とヒルトがあり、滑り難くしっかりホールドできる。 刃も厚く幅広で、少々乱暴な使用にも耐えそう。 今のところ、軽作業の他、野菜や果物の皮むきや切り分けに使うこともある。
    KERSHAW
    14 ナイフ04 GUNNY-HUNTER  フルタングの汎用性の高いシースナイフ。 バークリバー社の代表モデル、ブラボーⅠを小振りにしたモデル。 刃渡・9.5mm、刃厚・3.9mm、鋼材・CMP-3V、ハンドル材・キャンバスマイカルタ、重さ・146g(シース+240g)。
     木の棒を削る、野菜や果物の切り分けなどに使ったが、切れ味と使い心地がとても良い。 使い易さは携帯性を除き、上記のゼロトレランスより大分良い。 頑丈さは小振りながら、下記のマスターハンターと同等か。
    BARK-RIVER-KNIVES
    15 ナイフ05 SANMAI-MASTER-HUNTER  頑丈で汎用性の高いシースナイフ。 刃渡・12cm、刃厚・5mm、鋼材・芯材VG-1の三層鋼、グリップ材・クラトン、重さ・172g(シース+270g)
     滑り難い太いグリップで手袋からでも扱いやすい。ヒルトがあるので力を込めても安心。 木を削る、凍結した雪面に穴を掘る、などの使用に十分に耐える。 刃が厚いので細かな加工や料理にはあまり向かない。
    COLD-STEEL
    16 ナイフ06 SANMAI-RECON-SCOUT  コールドスチール社の代表モデル・トレイルマスターを 少し小型にした形状の大型シースナイフ。 刃渡・19.5cm、刃厚・8mm、鋼材・芯材VG-1の三層鋼、ハンドル材・クラトン。
     重心が中間にあり、癖のない太いハンドルで振り易い。 鉈の打撃力にナイフの鋭い切味がある。 藪払い、細木の切倒し(直径約5cm)、ベニヤ板や木工家具の解体などに耐えた。 今後、持出す機会は無いかな…。 木材の切断にはノコギリがあればいいと気付いた。
    COOLD-STEEL
    17 ナイフ07 叉鬼山刀(袋ナガサ・6寸)  叉鬼山刀(マタギナガサ)は、秋田県で昔から続く狩猟集団・阿仁マタギが使ってきた山刀を改良したもの。 刃渡・18cm、刃厚・5mm、鋼材・安来鋼青紙+軟鉄。
     袋ナガサはフルタングの構造で、バランスが良く頑丈でり、グリップの中が空洞。 この空洞は、棒を差し込み獲物を仕留める槍として使ったことを継承した構造。
     まだ包丁の代用として、野菜と肉を切る以外に使ったことは無い。 使い込めば味わい深い道具となりそう。
    西根打刃物製作所