• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 福島 / 長泉寺のオバケ栗

    長泉寺のオバケ栗

    巨木の写真

    撮影日 2021.04.02 【01】墓地に中央に佇む県内最大級の栗の巨木 長泉寺のオバケ栗-01
    【02】 長泉寺のオバケ栗-02
    【03】 長泉寺のオバケ栗-03
    【04】 長泉寺のオバケ栗-04
    【05】 長泉寺のオバケ栗-05
    【06】 長泉寺のオバケ栗-06
    【07】 長泉寺のオバケ栗-07
    【08】 長泉寺のオバケ栗-08
    【09】 長泉寺のオバケ栗-09
    【10】 長泉寺のオバケ栗-10
    【11】 長泉寺のオバケ栗-11
    【12】 長泉寺のオバケ栗-12
    【13】 長泉寺のオバケ栗-13

    巨木の基本情報

    巨木の名前 長泉寺のオバケ栗 [1]
    樹種 クリ(栗)
    幹周 5.87m [1], 5.9m [2]
    樹高 28.0m [1][2]
    推定樹齢 350年 [1], 300年以上 [2]
    特徴 単幹で高い背、根本から南側に傾ぐ樹形
    保護指定 福島県緑の文化財(559番)[1]
    所在地 福島県二本松市百目木字向町
    所在施設 長泉寺
    撮影日・状態 2021.04.02 : 主幹上部は空洞化している、落葉時期だから断定できないが樹勢は良さそう
    アクセス
    東北自動車道・二本松ICから約24km
    電車 東北本線・二本松駅から約23km
    参考情報 ■外部ウェブサイト
     [1] 福島県公式サイト   :緑の文化財の紹介ページを参考
     [2] 巨樹巨木林データベース:当巨木の登録あり(1998年度の調査記録)
    ■少遠景の記録
     [3] 合戦場のしだれ桜   :二本松市内、最寄りの桜
     [4] 杉沢の大スギ     :二本松市内、最寄りの巨木(県内最大の巨木)

    巨木と雑記

     二本松市内でも特に有名な桜、合戦場のしだれ桜 [4] から東に約4km。 百目木(どうめき)地区にある長泉寺。 境内にある巨木は以前から気になっていました。 「お化け」という名前を冠した栗の巨木。 詳しい名前の由来はよく分かりません。 まずは墓地の独立木という立地か。 そして背が高く根元から傾いだ樹形が、見る者を不安にさせるからか。 お化けという名前の先入観をなくし、 根本の墓石を気にせず眺めてみれば、特に不気味には感じない見事な姿の大栗です。 背が高いため遠目にはスマートに映る。 幹周は約6mもあるため、栗としてはかなりの太さ。 近づいて見上げれば、堂々とした迫力ある姿を拝めます。 墓地という立地のためマナーを守って見学しましょう。

     境内には幽霊という名前を冠した杉もあります。 大きさは幹周4.3m、樹高27m [2]。 素直な単幹の樹形の杉で、特に変わった姿はしていない。 ちなみに、幽霊とお化けの違いは何でしょう? 幽霊は人の死霊というイメージ。 お化けは人外の獣も含めて、生死を問わず化生となったもの、幽霊や妖怪も内包するイメージ。 栗と杉、何か怪異にまつわる言い伝えなどあるのでしょうか。気になります。