• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 福島 / 杉沢の大スギ

    杉沢の大スギ

    巨木の写真

    撮影日 2015.04.15 【01】杉沢の大スギ(2015):福島県を代表する巨木ではないだろうか.西側 杉沢の大スギ201501
    【02】西側② 杉沢の大スギ201502
    【03】広場入口 杉沢の大スギ201503
    【04】北側① 杉沢の大スギ201504
    【05】北側② 杉沢の大スギ201505
    【06】東側① 杉沢の大スギ201506
    【07】東側② 杉沢の大スギ201507
    【08】南側 杉沢の大スギ201508
    【09】西側③ 杉沢の大スギ201509
    撮影日 2012.08.25 【01】杉沢の大スギ(2012):仁王立ちする雄々しき大スギ.西側から 杉沢の大スギ01
    【02】広場・入口 杉沢の大スギ02
    【03】北側 杉沢の大スギ03
    【04】東側 杉沢の大スギ04
    【05】西側② 杉沢の大スギ05

    巨木の詳細

    巨木の名前 杉沢の大スギ 幹周/樹高 12.3m / 45m
    樹種 スギ(杉) 保護指定 国指定天然記念物
    推定樹齢 1000年 撮影日/天候 2015.04.15 / 晴
    2012.08.25 / 晴
    所在地 福島県二本松市杉沢字平
    アクセス
    磐越自動車道・船引三春IC:県道50・国道349経由.距離11km.
    東北自動車道・二本松IC :国道459・349経由.距離24km.
    電車 船引駅(JR磐越東線):距離8.7km.
    備考 駐車場・トイレ有.大スギの周囲は公園のように整備されている. 杉沢は二本松市に合併前は安達郡岩代町に属していた.
    近辺の観光 ■公式観光サイト   : 岩代観光協会 /  二本松観光協会
    ■たびねす(travel.jp): 「杉沢の大スギ」福島で最大の巨木は「まんが日本昔ばなし」に登場する御神木
    近辺の巨木 合戦場のシダレザクラ

    巨木の地図

    巨木と雑記

     杉沢の集落は二本松市の東南部にあり、西に伊達政宗の支城のあった小浜の丘陵、 東に阿武隈山地の裾野にある針道の丘陵に囲まれた場所です。 緩やかな起伏の台地に、林と田畑が続く里山の集落に、福島県最大の巨木「杉沢の大スギ」は立っています。 大スギは、広い緑地の中心に立っていて、根元は距離をとった木道で囲まれ、手厚く保護。 集落のシンボルとして古くから大切にされたきた巨木で、集落の名前も大スギが元となっています。 寛永20年(1643)に、二本松藩主・丹羽光重が領内を巡検の際に、大スギに感銘を受け、 杉沢の大スギを命名されたのです。

     大スギは目立った損傷がもなく枝葉を大量に茂らせており、千年近い古木ですが、今なお若木のように樹勢は旺盛な様子。 威風堂々たる巨体ですが、さほど威圧感のない明るい雰囲気で、 全体的に端正でしなやかな美しい立ち姿の素晴らしい巨木です。木道の西側は根元に最も近いので、特に迫力ある姿が見られます。 眺めているだけで、心が晴れやかになる、東北と福島県を代表する銘木と言えるでしょう。

     大スギは、古くから大切にされてきた集落の御神木で、土着の信仰(出産など)や伝承があります。 大スギに纏わる伝承には、大スギの精霊が娘に化身して伊勢参宮したというものがあり、 国民的アニメ「まんが日本昔ばなし」で取り上げられ、「むすめ杉」という作品でTV放送されました。 お話の詳細は、以下の補足を参照ください。

    【 昔ばなし「むすめ杉」の内容 】
    京都の精顕(せいけん)という若者が、陸奥(みちのく、東海道沿いの福島・宮城・岩手・青森の一部)を 目指す旅の途中で杉沢の里に差し掛かったときのこと。 精顕は杉林の中で、若杉の化身である美しい娘と出会います。 やがて「お杉」と名乗る娘と精顕は惹かれ合い、離れられなくなます。 精顕はお杉を旅に連れてゆき、京都へ戻ってからは、夫婦となって2人幸せな日々を過ごしました。 その後、お杉の願いで共に伊勢参りを済ませた後、杉沢の里へ戻って暮らし、 子宝に恵まれて幸せに暮らしました。 やがて、精顕は年老いて亡くなりましたが、不思議なことにお杉は若く美しい姿のまま。 精顕の亡骸を杉の木の根元に葬ると、お杉と子供は姿を消してしまいました。 お杉の木霊が宿る若杉は、墓を守って何百年も生き続け大木となり、 爽やかなそよ風が流れる木陰をつくっているのです。
    (以下・私見)
    大スギの樹形を見て思ったこと。 地上10m付近で大きな幹に2つと、他に小さな幹へ分かれた形。 これは、お杉さんと精顕と子供が宿っている姿だと考えると、とても微笑ましく見えてきました。

    【 まんが日本昔ばなし 】
    ■表題 :第807話「むすめ杉」
    ■放送日:1985年8月3日(TBS系列)
    ■制作 :なべしまよしつぐ、沖島勲

    【 民話の出典 】
    ■書籍 :福島県の民話
    ■原題 :お杉さんの伊勢まいり
    ■著者 :金田和枝(出版・偕成社)