• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 福島 / 石部桜

    石部桜

    撮影日 2013.04.20 【01】会津五桜の筆頭に挙がる銘桜.飯盛山から北の田畑に立つ. 石部桜01
    【02】 石部桜02
    【03】 石部桜03
    【04】 石部桜04
    【05】 石部桜05
    【06】 石部桜06
    【07】 石部桜07
    【08】 石部桜08
    【09】 石部桜09
    【10】 石部桜10
    【11】 石部桜11
    【12】 石部桜12
    【13】 石部桜13

    巨木の詳細

    巨木の名前 石部桜[1]
    樹種 エドヒガン(江戸彼岸)
    幹周 0.5~2.2m(10本の幹)[1]
    樹高 11m[1]
    推定樹齢 600年[1]
    特徴 古株から育った複数の支幹の様子
    保護指定 会津若松市指定天然記念物
    所在地 福島県会津若松市一箕町大字八幡石部石部
    所在施設 耕作地の中(現在は市有地か?)
    撮影日・状態 2013.04.20 : 倒伏したか地中に埋もれた古木から複数のヒコバエが育ったような姿
    アクセス
    ■会津若松IC(磐越自動車道)
      距離:約4km
      経由:国道121-県道49-県道64-市道(運動場の駐車場)
    電車 ■会津若松駅(会津鉄道・JR只見線)
      距離:約2.6km
    参考情報 [1]現地解説板       :幹周・樹高・樹齢の他に由緒など記述
    [2]会津若松観光ビューロー :会津若松市の歴史を参照
    [3]旧滝沢本陣       :白河街道を通る藩主の休憩所.戊辰戦争時には陣屋となった(地図)
    [4]白虎隊士自刃の地    :飯盛山の西中腹(地図)
    [5]白虎隊記念館      :祖父から会津戦争の証言を聞き育った地元の名士の早川喜代治氏が設立.

    巨木と雑記

     石部桜は、会津若松市の飯盛山から北に位置する田畑の中に立っています。 古くから会津五桜の筆頭に挙げられる銘桜。 近年ではNHK大河ドラマ・八重の桜(2013年)で、OP映像に使われた桜としても知られています。 ちなみに、他の会津五桜は、大鹿桜、薄墨桜、虎の尾桜、杉の糸桜。

     石部桜は姿はとても特徴的。 全体の枝張は約19mと広大で、遠望すれば1本の大桜に見えますが、その実は10本の幹から成る姿[1]。 北側に約5本の幹が大きな株にまとまっていますが、他の株は離れています。 まるで、昔に倒伏して朽ちた大桜の幹から育った支幹の集まりのような姿。
     石部桜の各位の幹は太くありませんが、大きな樹冠は円形にまとまり花付きもよく、美事な花笠を作ります。 北側の地に這うように幹を伸ばす株は、古木らしい貫禄を湛えている。 大きな樹下の空間は、少し不思議で風雅な桜の庭園のよう。 この庭園の中央に、在りし日の大桜を幻視しました。
     石部桜の立つ場所は、石部兵部大輔の館跡といわれます[1]。 石部氏は戦国時代に会津を拠点として鶴ヶ城(当時は黒川城)を居城とした蘆名氏の家臣[2]。 樹齢はこの伝承が根拠なのでしょう。

     石部桜から南に見える飯盛山は白虎隊の自刃の地として有名。幕末の戊辰戦争で犠牲となった少年たち。 慶応4年(1868)、鳥羽伏見の戦いで旧幕府軍に勝利した新政府軍は、江戸を制圧した後に東北へ進軍。 会津藩は奥羽越列藩同盟と共に徹底交戦。 しかし、同年の8月23日に、新政府軍は会津城下へ進攻。 遂に予備役であった白虎隊も滝沢本陣から前線に送られ、滝沢峠を越え谷口の陣地で新政府軍と交戦。 大きな戦力差からすぐに陣地は崩れ、白虎隊の隊士も多くが負傷し退却。 滝沢本陣も追撃の新政府軍との戦場となりました。 飯盛山の中腹に辿り着いた少年たちが目にしたのは、燃え盛る城下と黒煙に包まれる鶴ヶ城の天守。 少年たちは最早これまでと悟り、自刃して果てたそうです。 藩主・松平容保が降伏して戦闘が終結、鶴ヶ城が開城されたのは9月22日となりました。[2・3・4・5]
     石部桜はこの地が炎と血の煙で染まるのを見てきたのです。 次回この桜へ訪問する機会があれば、美しい桜の花の陰に秘められた凄惨な歴史を偲びつつ鑑賞し、 白虎隊士の墓に詣でたいと思うのでした。