• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 栃木 / 祇園城跡の公孫樹

    祇園城跡の公孫樹

    巨木の写真

    撮影日:2021.12.13 【01】小山氏の主城跡に佇む大イチョウ 祇園城跡の公孫樹-01
    【02】 祇園城跡の公孫樹-02
    【03】 祇園城跡の公孫樹-03
    【04】 祇園城跡の公孫樹-04
    【05】 祇園城跡の公孫樹-05
    【06】 祇園城跡の公孫樹-06
    【07】 祇園城跡の公孫樹-07
    【08】 祇園城跡の公孫樹-08
    【09】 祇園城跡の公孫樹-09

    巨木の基本情報

    巨木の名前 公孫樹 [1]
    樹種 イチョウ (公孫樹)
    幹周 6.00m [1], 6.35m [2]
    樹高 15.0mm [1][2]
    推定樹齢 不明
    特徴 下枝が多く根本は単幹に近い樹形
    保護指定 小山市指定天然記念物
    所在地 栃木県小山市本郷町1丁目
    所在施設 城山公園 (祇園城跡)
    撮影日・状態 2021.12.13 : 一部の大枝を失っているが樹勢は良い様子、堀切に面した傾斜地に立っている
    アクセス
    東北自動車道・佐野藤岡ICから約19㎞
    電車 JR小山駅から約1㎞
    参考情報 ■現地解説板
     [1] 小山市指定文化財・公孫樹:幹周と樹高の他に伝承などが記載 (大きな写真なし)
    ■外部ウェブサイト
     [2] 巨樹巨木林データベース :当巨木の登録あり (2000年度の調査記録)
     [3] 小山市ホームページ   :当巨木と祇園城跡の情報あり
     [4] とちぎふるさと学習   :栃木県教育委員会が運営するサイトのひとつ、祇園城の情報あり
     [5] ウィキペディア     :祇園城主であった小山氏について参照
    ■少遠景の記録
     [6] 須賀神社のケヤキ    :小山市内、祇園城の守護神でもあった古社、境内に複数の大ケヤキ
     [7] 愛宕神社のケヤキ    :小山市内、須賀神社に近い、市内最大のケヤキ
     [8] 鷲神社のシラカシ    :小山市内、小山氏が築いた鷲城の跡、遺構や神社が残っている
     [9] 国府神社のケヤキ    :小山市内、古墳に建つような神社、根本が雄大なケヤキ
     [10] 喜沢日枝神社のケヤキ  :小山市内、祇園城の支城跡、参道に大ケヤキ3本が並び立つ

    巨木と雑記.小山を代表する史跡と大イチョウ

     小山市の代表的な史跡が、市街中心部にある祇園城跡。 平安時代の末期から戦国時代において、当地を支配した小山氏の主城でした。 思川の左岸にある段丘地形を利用した平山城。 本丸を中心とした複数の曲輪、深い堀切と土塁などの遺構がよく保存されています。 国指定史跡であり、現在は公園としても整備。 各曲輪の中を散策でき、一部の歩道は堀切の中を通っています。 展望もよく豊かな木々に覆われていて、市内最大のイチョウ巨木もあるところ。 じつに素晴らしい城址公園です。

     大イチョウがあるのが本丸の曲輪から北、塚田曲輪の中央部。 堀切の傾斜地を背にして立っています。 樹形は側幹の集合でなく、主幹を中心とした単幹に近い姿で、大きな横枝も多く樹冠は広い。 個性もある見事な立姿の大イチョウです。

    巨木と雑記.祇園城の歴史

     祇園城の歴史 [3] [4] について。 はじめの築城年代および築城者は不明。 鎮守府将軍であった藤原秀郷の子孫、 初代小山氏となる太田正光が久安4年 (1148) に築いたと伝わる。 祇園城と呼ばれるのは小山氏の守護神、八坂神社があることに由来 (現在の須賀神社)。 南北朝時代から周辺の支城 (鷲城・中久喜城など) を従える小山氏の主城となり、 戦国時代に現在見られる形に整備された。

     天正4年 (1576)、小田原北条氏に小山氏は降伏し開城。 北条氏の北関東攻略の拠点となり改修された。 後に北条氏配下となった小山氏に祇園城は戻る。 しかし、天正18年 (1590年)、豊臣秀吉による小田原征伐の後、 北条氏に加勢していたため領地を没収。 約400年続いた戦国大名としての小山氏は、第18代目の秀綱を最後に幕を閉じた。 その後、元和2年 (1616) に本田正純の居城となるが、 3年後に正純の宇都宮への国替に伴い、小山城は廃城となった。

     最後に小山氏 [5] のその後について。 小山秀綱の曾孫、秀泰は水戸徳川家に仕え、弟の秀堅は家老となり活躍。 以後、子孫も藩士として水戸藩を支え、存続していったそうです。 名家が続いてよかった。

    巨木と雑記.ヤマザクラと送電鉄塔

     城山公園で城の遺構と大イチョウ以外にも、 気になるものが2つありました。 まずは本祇園曲輪の北端にあるヤマザクラ。 複数の細木の株立ちなので、あまり巨木らしくは見えない。 それでも印象的なサクラです。 広葉樹林の中に1本だけあるサクラで、深い堀切の谷間を背にして立っている。 樹冠は広いので見事な花笠を飾りそう。 春に再訪してみたいものです。

    cm-城山公園-01 【01】本祇園曲輪の北端にあるヤマザクラ。深い堀切の谷間を背にして立っている。
    cm-城山公園-02 【02】ヤマザクラの側から見下ろす堀切の景観。深さは10mはあるだろう。 地図中の橋 (4) の下から続く踏み跡で、この堀切の底まで下りられる。
    cm-城山公園-03 【03】堀切の底から見上げるヤマザクラの観。

     2つ目の気になったものは送電鉄塔。 本祇園曲輪の北側堀切の端に建つもので、ヤマザクラの位置からも姿が見えます。 初めて目にしたタイプの送電鉄塔かもしれません。 構造は鋼管単柱であり、地下に送電ケーブルを柱に内蔵して引き込んでいる、というタイプ。 珍しくないですか?。 調べてみると、小山変電所を経てくる送電線路のひとつで、 城山公園に隣接した本郷町変電所へ地下で繋いでいるらしい。

    cm-城山公園-01 【04】ヤマザクラの側から眺めた送電鉄塔の観。 思川の右岸を渡ってくる架空送電は、この鉄塔から地中送電となる。高さは60mくらい。 何やら巨木に通ずるものが感じられる立姿。
    cm-城山公園-02 【05】送電鉄塔の上部構造の拡大。引き継いだ送電ケーブルを柱内部に引き込む部分が見える。

     最後に、この送電鉄塔から地中送電となった理由について。 近くの本郷町変電所まで架空送電にしたほうが、建設費も維持費も安く済みそうなのに何故?。 それは、城山公園の景観を損ねないためではないでしょうか。 小山市を代表する史跡の上空を、送電線で遮るという無粋を回避するため。 そして建てる位置を堀切の底とし、鉄塔自体をなるべく目立たないようにしている。 そう勝手に納得して感心しました (事実か不確)。