• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 栃木 / 愛宕神社のケヤキ

    愛宕神社のケヤキ

    巨木の写真

    撮影日:2022.07.02 【01】小山市で最大の大ケヤキ、愛宕神社の御神木 愛宕神社のケヤキ-01
    【02】 愛宕神社のケヤキ-02
    【03】 愛宕神社のケヤキ-03
    【04】 愛宕神社のケヤキ-04
    【05】 愛宕神社のケヤキ-05
    【06】 愛宕神社のケヤキ-06
    【07】 愛宕神社のケヤキ-07
    【08】 愛宕神社のケヤキ-08
    【09】 愛宕神社のケヤキ-09

    巨木の基本情報

    巨木の名前 愛宕神社のケヤキ [x]
    樹種 ケヤキ (欅)
    幹周 7.00m [1], 7.38m [2]
    樹高 24.0m [1], 16.0m [2]
    推定樹齢 600年以上 [1]
    特徴 単幹、主幹上層部の欠損
    保護指定 小山市指定天然記念物
    所在地 栃木県小山市宮本町1丁目
    所在施設 愛宕神社
    撮影日・状態 2022.07.02 : 内部に空洞があり根本に小さな開口部あり、樹冠はそこそこ大きい
    アクセス
    東北道・佐野藤岡ICから約19㎞、栃木ICから約14㎞
    電車 JR小山駅から約2㎞
    参考情報 ■現地解説板
     [1] 愛宕神社のケヤキ   :内容は下記雑記の写真を参照
    ■外部ウェブサイト
     [2] 巨樹巨木林データベース:当巨木の登録あり (2000年度の調査記録、所在施設は須賀神社と登録)
    ■少遠景の記録
     [3] 須賀神社のケヤキ   :小山市内、祇園城の守護神でもあった古社、境内に複数の大ケヤキ
     [4] 祇園城跡の公孫樹   :小山市内、小山氏が築いた主城の跡、城山公園として整備されている
     [5] 鷲神社のシラカシ   :小山市内、小山氏が築いた鷲城の跡、遺構や神社が残っている
     [6] 国府神社のケヤキ   :小山市内、古墳に建つような神社、根本が雄大なケヤキ
     [7] 喜沢日枝神社のケヤキ :小山市内、祇園城の支城跡、参道に大ケヤキ3本が並び立つ

    巨木と雑記.小山市で最大のケヤキ

     小山市の市街中心部、市役所の近くに鎮座する愛宕神社。 御神木は市内最大かつ、最古とみられる大ケヤキです。 流石に根本は太い。根周りは12m近くはありそう。 主幹の上層部を失い、根本には空洞があり、 これら傷跡は大正2年 (1913) の火災に因るもの [1]。 長い歳月をかけて傷を癒し続け、今は大きな樹冠を茂らせている。 古木らしい貫禄と強い生命力を感じさせる、見事な大ケヤキです。

     愛宕神社の由緒について [1]。 平安時代から戦国時代にかけて、当地を領した小山氏。 その主城である小山城 (祇園城) [4] と、城の守護神である須賀神社 [3] に南北に挟まれて鎮座しています。 当社も小山氏に勧請された古社。 康暦元年 (1379)、第11代当主の小山義政が、領内の繁栄を祈願して勧請。 その際、この大ケヤキを植えたと伝わるそうです (樹齢600余年の根拠)。

    cm-愛宕神社のケヤキ-01 大ケヤキの解説板