• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 栃木 / 遍照寺のカヤ

    遍照寺のカヤ

    巨木の写真

    撮影日 2010.02.06 【01】凛々しい立姿のカヤ古木.伊達氏の始祖の手植えと伝えられる. 遍照寺のカヤ01
    【02】 遍照寺のカヤ02
    【03】 遍照寺のカヤ03
    【04】 遍照寺のカヤ04
    【05】 遍照寺のカヤ05

    巨木の詳細

    巨木の名前 遍照寺のカヤ(現地名称は「榧」)
    樹種 カヤ(榧)
    幹周 6.22m[4]
    樹高 28m[4]
    推定樹齢 800年[1]
    特徴 直幹で背が高い
    保護指定 栃木県指定天然記念物
    所在地 栃木県真岡市中2402
    所在施設 遍照寺
    撮影日・状態 2010.02.06 : 直幹で背が高く端正な立姿.目立つ損傷も無く樹勢は良い様子.
    アクセス
    ■真岡IC(北関東自動車道)
      距離:約6.6km
      経由:国道408-県道47-国道408-市道-県道320-付近
    電車 ■寺内駅(真岡鐵道)
      距離:約2.7km
      経由:道なりに西へ、途中で工業団地を抜けて農道へ
    参考情報 [1]現地解説板      :遍照寺や中村城跡の歴史が記されている(カヤも含む)
    [2]遍照寺・公式サイト  :お寺の縁起、境内、行事など参考
    [3]真岡鐵道・公式サイト :稼働SLの詳細や運行情報はこちらから
    [4]巨樹巨木林データベース:調査・建設部みどりの課、調査年2000

    巨木と雑記

     栃木県の南東部、鬼怒川下流の左岸に位置する真岡市。 市域を南北に縦断する真岡鐵道は、蒸気機関車を現役で運行していることで有名(C1266・C11325の2両)で、 拠点である真岡駅舎は、SLの形を模した面白い形[3]。 真岡駅の隣駅、寺内駅からほど近い古刹が遍照寺。境内には県内最大級のカヤの巨木が立っています。

     遍照寺は創建が平安時代の中期とされる古刹。 室町時代の初期、暦応年間(1338~41)に関東官領・足利基氏によって中興され、 三賓院賢俊によって開山されたと云われます。 天文年間(1532年以降)に中村城の城主・中村時長によって現在地へ遷座(元は真岡市茅堤の地)。 その後、永禄元年(1558)に火災で焼失、現在残っている伽藍は後に再建されたものだそうです。[1・2]

     遍照寺の境内全域は中村城跡。 藤原朝宗が保元元年(1156)から拠点とした中村荘に築いた居館。 朝宗は源頼朝の奥州征伐では軍功を立て、その恩賞で伊達・信夫の2郡を入手。 後に移住した朝宗は伊達氏(第17代目が政宗)の家祖となります。 中村荘は子の朝定が継ぎ、代々中村氏の所領となりますが、 天文13年(1544)に水谷氏との合戦に敗れて以来、廃城となったそうです。 境内の外縁部には、現在も空掘や土塁などの遺構が残されています。[1・2]

     本堂の正面、境内の中央に立つ大カヤ。 直幹で背が高く、端正で凛とした立姿。 深い貫禄を感じさせる古木ですが、その樹高や目立つ損傷がないことから、樹勢は良好な様子です。
     推定樹齢の根拠は、初代中村城の城主・藤原朝宗の手植えという伝承によるもの。 文治5年(1189)、武功を立てた奥州征伐の凱旋の記念樹であるそうです。 そのせいか、質実剛健な古強者のような佇まいを感じさせる大カヤでした。[1・2]