• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 栃木 / 星宮天満宮のスギ

    星宮天満宮のスギ

    巨木の写真

    撮影日 2015.01.28 【01】星宮天満宮のスギ:神社の御神木の大スギ.幹周約8mで樹高は40m以上か 星宮天満宮のスギ01
    【02】北側 星宮天満宮のスギ02
    【03】北側.根元 星宮天満宮のスギ03
    【04】北側.根元 星宮天満宮のスギ04
    【05】東側.根元 星宮天満宮のスギ05
    【06】東側.奥を見る 星宮天満宮のスギ06
    【07】南側.奥に神社 星宮天満宮のスギ07
    【08】南側.見上げる 星宮天満宮のスギ08
    巨木の周辺(星宮天満宮と他の大スギ) 【01】県道15号線から神社へ続く一の鳥居と参道.背の高い梢は大スギのもの 星宮天満宮のスギ周辺01
    【02】神社の二の鳥居前 星宮天満宮のスギ周辺02
    【03】大スギ・① 星宮天満宮のスギ周辺03
    【04】大スギ・② 星宮天満宮のスギ周辺04
    【05】大スギ・② 星宮天満宮のスギ周辺05
    【06】3本の大スギ 星宮天満宮のスギ周辺06
    【07】神社の正面 星宮天満宮のスギ周辺07

    巨木の詳細

    巨木の名前 星宮天満宮のスギ 幹周/樹高 7.65m / (不明)
    樹種 スギ(杉) 保護指定 不明(未指定?)
    推定樹齢 550年 撮影日/天候 2015.01.28 / 晴
    所在地 栃木県鹿沼市下粕尾(旧地名は粟野町松崎) 星宮天満宮の境内
    アクセス
    東北自動車道・鹿沼IC :距離16.6km
    東北自動車道・栃木IC :距離17.7km
    北関東自動車道・都賀IC:距離17.3km
    電車 以下の駅から鹿沼リーバスの「口粟野線」の下り線に乗車し、
    口粟野車庫で下車。そこから徒歩約2.3km(他にいい方法があるかも)
     ■樅山駅(東武日光線):駅前の県道15号線沿いのバス停「東武樅山駅」
                 乗車時間は約22分
     ■鹿沼駅(JR)   :駅前。乗車時間は約40分
    備考 県道15号から神社の後まで道路が続いているが道幅が細いので注意。 神社の周囲には駐車場的な広場はないので路肩駐車となる。
    近辺の観光 【 公式観光情報 】
      ■鹿沼観光だより~四季彩のまち・かぬま~
    【 少遠景 】
      ■旅日記・上永野蝋梅の里
    【 たびねす(travel.jp)】
      ■早春の里山を彩る黄金の花園「上永野・蝋梅の里」栃木県で最大の蝋梅園
    近辺の巨木 豊年スギ /  叶台のカヤ /  粟野のカヤ

    巨木の地図

    巨木と雑記

     思川に沿って続く水田と里山に囲まれた場所に星宮天満宮神社が鎮座しています。 神社ですが、神仏習合(※1)によって、虚空蔵菩薩が祀られています。 神社には鎌倉時代の永正12年(1515)頃の作とされる金銅三尊像が刻まれた御正体の懸仏(※2)が伝わっているそうです。 境内はスギで鬱蒼としいて、県道15線からもその鎮守の森を周囲の景色から、はっきりと見分けることができます。
     神社本殿の左手前に注連縄の巻かれた御神木の大スギが立ち、幹周は8m近く、樹高は40m以上ありそうな立派で端正な形の巨木です。 他にも2本の立派な大スギが神社本殿の右手前に立っています。 参道寄りの大スギが幹周約5m、右端の大スギが幹周約6.6mで大枝が暴れていて迫力ある樹形でした。 神秘的な空気が漂う静かな境内の中で、しばし時を忘れて3本の並び立つ巨木に見入りました。

    【 補足 】
    ※1)神仏習合(しんぶつしゅうごう)
      土着の神祇信仰と仏教信仰が混淆し一つの信仰体系として再構成(習合)された宗教現象。
      神仏混淆(しんぶつこんこう)ともいう。
    ※2)御正体(みしょうたい)と懸仏(かけぼとけ)
      神仏習合の考えによって神体である鏡(銅の円盤など)に本地仏の像を示した鏡像。