• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 栃木 / 豊年スギ

    豊年スギ

    巨木の写真

    撮影日:2015.01.28
    豊年スギ01
    豊年スギ02 豊年スギ03 豊年スギ04 豊年スギ05
    豊年スギ06 豊年スギ07 豊年スギ08 豊年スギ09
    ※画像を選択すると大きい画像がご覧になれます
    巨木の周辺(日光神社)
    豊年スギ日光神社01
    豊年スギ日光神社02 豊年スギ日光神社03 豊年スギ日光神社04 豊年スギ日光神社05
    豊年スギ日光神社06 豊年スギ日光神社07 豊年スギ日光神社08 豊年スギ日光神社09

    巨木の詳細

    巨木の名前 豊年スギ 幹周/樹高 10m / 40m
    樹種 スギ(杉) 保護指定 鹿沼市指定天然記念物年
    推定樹齢 650年 撮影日/天候 2015.01.28 / (晴)
    所在地 栃木県鹿沼市上粕尾(日光神社の境内、上粕尾小学校の近く)
    アクセス
    東北自動車道・栃木IC:距離31km(県道32・15経由)
    東北自動車道・鹿沼IC:距離33.3km(県道137・15経由)
    電車 鹿沼市の路線バス・リーバスを利用し、その先は予約バスを利用するのがよいだろう。
    バスの路線は「口粟野線」で降りるバス停は終点の「口粟野車庫」
    バスにはJR鹿沼駅か、東武日光線の新鹿沼駅で乗車するとよい。
      ■ 鹿沼駅(JR)    :乗車時間約40分
      ■ 新鹿沼駅(東武日光線):乗車時間約28分
      (口粟野車庫から下手のカヤまで約22km)
    予約バスの詳細は、「鹿沼合同タクシー(株) Tel:0289-60-6050」で確認
    備考 付近に駐車場はないので公民館近くに駐車した。住民の方や通学する小学生に注意。
    最寄のバス停は「上粕尾小学校前」で、路線は「上粕尾山の神線」である。
    しかしこの路線は、運行本数・時刻ともに観光向きでないようだ。
    (気になる方は調べてみてください))
    近辺の観光 「鹿沼観光だより 四季彩のまち かぬま」HP
    近辺の巨木 下手のカヤ /  星宮天満宮のスギ

    巨木の地図

    巨木と雑記

     鹿沼市の最も西奥にある発光路(※1)の集落(「 下手のカヤ 」あり)から東へ2kmほどの位置に、日光神社とその御神木である豊年スギのある集落があります。 思川の上流に位置する山間部で、県内において良質な木材を産出する鹿沼市の林業を支える地域の一つです。 日光神社の創建や由緒は調査不足で良く分からないのですが、 祭神は大己貴命(※2)、田心姫命(※3)、味耜高彦根命(※4)の三柱で、 日光二荒山神社の祭神(※5)と同じです。日光に近く、近くの粟野地区にも日光とつく神社が多いので、 強い影響を受けているのでしょう。
     豊年スギは、日光神社の本殿のある杜の手前、公民館の建物の近くに立っています。 単幹にまとまらずに中腹から大きく3本に分かれています。 幹は南北に長い楕円形で、東西から見れば、同等の幹周の大スギよりも全体的に大きく見えると思います。 東側にある根元付近の空洞と、西側にあった大枝の欠損跡は、金属製のフタで覆われています。 根元に立って見上げれば、視界を覆い尽くす圧倒的立ち姿に目眩がしました。 朝陽に照らされた姿は神々しく、3本の太い支幹に、祭神の三柱が重なって見えたのでした。 豊年スギ以外にも、日光神社の境内とされる周囲には大スギが多いです。 豊年スギの西側の斜面と、日光神社の本殿手前と西側に、特に幹周5m以上と思われる大スギが立っています。

    【 補足 】
     ※1)発光路(ホッコウジ)
        上粕尾の奥地にある集落。高橋治部少輔吉久が天文18年(1549)に
        息女・鶴子の眼病治癒を祈願・奉納した大般若経600巻が所蔵される。
        妙見神社で、延文年間(1356~1360)から行われている 祭礼「発光路の強飯式」
        (国指定重要無形民俗文化財)が受け継がれている。
     ※2)大己貴命(オオナムチノミコト)
        大国主(オオクニヌシ)の別称。出雲神社の祭神。素戔男尊(スサノオ)の息子。
        天孫降臨以前から国土を治めていた国津神。国譲りで天津神に国土を献上し、
        死後の幽界の主催神となる。国造りの神、農業神、商業神、医療神の信仰がある。
     ※3)田心姫命(タキリビメノミコト)
        天照大神(アマテラス)と素戔男尊の誓約で産まれた宗像三女神の一柱。
        宗像大社、厳島神社などで祀られている。
     ※4)味耜高彦根命(アジスキタカヒコネ)
        大己貴命と田心姫命の子。農業の神、雷の神、不動産業の神として信仰される。
     ※5)日光二荒山神社の祭神
        日光連山の主峰・日光三山を神体山と祀る神社。
        祭神は、大己貴命、田心姫命、味耜高彦根命の三柱で、二荒山大神と称される。
        大己貴命  :神体山・男体山(二荒山)
        田心姫命  :神体山・女峯山
        味耜高彦根命:神体山・太郎山