• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 埼玉 / 塩の一本榎

    塩の一本榎

    巨木の写真

    撮影日:2022.01.06 【01】お地蔵様と一本榎、熊谷は江南地区の景勝地 塩の一本榎-01
    【02】 塩の一本榎-02
    【03】 塩の一本榎-03
    【04】 塩の一本榎-04
    【05】 塩の一本榎-05
    【06】 塩の一本榎-06
    【07】 塩の一本榎-07
    【08】 塩の一本榎-08
    【09】 塩の一本榎-09

    巨木の基本情報

    巨木の名前 一本榎 [1]
    樹種 エノキ (榎)
    幹周 4.30m [2]
    樹高 7.00m [2]
    推定樹齢 300年 [1]
    特徴 根本付近から双幹
    保護指定 不明
    所在地 埼玉県熊谷市塩明賀
    所在施設 農地 (私有地か?)
    撮影日・状態 2022.01.06 : 2本の合体木かもしれない、樹冠は広く全体的に樹勢は良さそう
    アクセス
    関越道・嵐山小川ICから約5㎞
    電車 熊谷駅から約12㎞、小川町駅から約8㎞ (東武東上線・八高線)
    参考情報 ■外部ウェブサイト
     [1] 熊谷市ホームページ  :当巨木および塩地区の由来の情報あり
     [2] 巨樹巨木林データベース:当巨木の登録あり (2000年度の調査記録)
    ■少遠景の記録
     [3] 重輪寺の大かや    :近辺の巨木、嵐山町
     [4] 八和田神社の大スギ  :近辺の巨木、小川町

    巨木と雑記.一本榎

     熊谷市域には荒川を挟んで南に位置する、江南と呼ばれる地域があります。 ここは比企丘陵の北端であり、低いなだらかな丘陵が幾筋も広がるところ。 大エノキのある塩という地名は、この谷津が入り組む地形に由来するそう。 筋目の際立つ形を指す皺「シワ」は「シオ」と呼ばれることもあった。 このため塩という地名になったと考えられるそうです。

     塩の大エノキは、農地が続く一筋の谷津の入口にたっています。 古道や土地の標木として植えられたのかもしれません。 当日は降雪直前の寒空でしたが、心和む景観のところ。 小丘と田畑を背景に佇む大エノキ。中々にフォトジェニックなものがありました。 そして根本に安置されているお地蔵様が、雰囲気をより高めている。 このお地蔵様は疣 (いぼ) 地蔵と呼ばれ、体にできた疣を治してくれると信仰されてきたそうです。

    参考情報:熊谷市ホームページ [1]
         (TOP>市政情報>組織・附属機関>教育委員会>地域公民館>江南公民館)

    巨木と雑記.地獄沼

     大エノキの近くで気になったところがありました。 塩地区を含めて当地には、谷津の奥に溜池が数多くつくられている。 そのひとつが、大エノキのたつ谷津の奥にある、地獄沼と呼ばれる溜池。 名前はGoogleMap上に表示されているものを引用。 公称かは不明です。 地獄という名を冠するだけに、恐ろし気な景観を想像。 でも実際には安らぎを感じるところでした。 広葉樹が多いので、新緑や紅葉の時期は美しいことでしょう。

    cm-地獄沼-01 【01】大エノキから先、農道 (舗装道) を歩いていく。 やがて谷津の奥に溜池の堤体が見えてくる。
    cm-地獄沼-02 【02】水を堰き止める堤体
    cm-地獄沼-03 【03】堤体の上から眺める地獄沼。 降雪直前の曇天で少し薄暗いが、 不気味な雰囲気はなく心落ち着く景観であった。 名前の由来はいったい何なのか。
    cm-地獄沼-04 【04】堤体の上から谷津を振り返って。