• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 埼玉 / 飛龍の榧

    飛龍の榧

    巨木の写真

    撮影日:2017.03.24 【01】本堂の横に聳える大きく傾いだ飛龍の榧.南側. 飛龍の榧01
    【02】南側 飛龍の榧02
    【03】東側 飛龍の榧03
    【04】東側 飛龍の榧04
    【05】北側 飛龍の榧05
    【06】北側 飛龍の榧06
    【07】北側 飛龍の榧07
    【08】北側 飛龍の榧08
    【09】西側 飛龍の榧09
    【10】西側 飛龍の榧06
    【11】南側 飛龍の榧07
    【12】南側 飛龍の榧08
    【13】南側 飛龍の榧13
    龍清寺と塙保己一の史跡(2017.03.24) 【01】龍清寺の境内入口の付近.本堂前に奥に飛龍の大木が立つ. 飛龍の榧01
    【02】龍清寺 飛龍の榧02
    【03】龍清寺 飛龍の榧03
    【04】塙保己一公園 飛龍の榧04
    【05】塙保己一公園 飛龍の榧05
    【06】塙保己一公園 飛龍の榧06
    【07】塙保己一公園 飛龍の榧07
    【08】塙保己一・旧家 飛龍の榧08
    【09】塙保己一・旧家 飛龍の榧09

    巨木の詳細

    巨木の名前 飛龍の榧[1]
    樹種 カヤ(榧)
    幹周 3.5m[6]
    樹高 不明
    推定樹齢 300年[1]
    特徴 大きく南へ傾いた主幹
    保護指定 本庄市指定天然記念物
    所在地 埼玉県本庄市児玉町保木野
    所在施設 龍清寺
    撮影日・状態 2017.03.24 : 樹勢は良い様子.見事な傾き具合.主幹は折損していない.
    アクセス
    ■本庄児玉IC(関越自動車道)
      距離:約6km
      経由:国道462-県道254-市道
    電車 ■児玉駅(JR八高線)
      距離:約2.7km
      経由:徒歩以外ではタクシーか市営のデマンドバス(事前予約)
    バス ■宝輪寺東(本庄市デマンドバス)
      経由:児玉駅か本庄駅からデマンドバス・はにぽん号を利用
         (デマンドバス・予約センター:0495-21-7797)
    参考情報 ■現地資料
    [1]解説板・飛龍乃榧   :龍清寺とカヤの由緒
    [2]石碑・本堂屋根改築記念:お堂の改築へ至る縁起、長いが読んでみると胸が熱くなった
    [3]石碑・塙保己一の墓碑 :場所は塙保己一公園の奥、墓碑の隣
    [4]解説板・塙保己一公園 :場所は塙保己一公園の入口
    [5]解説板・塙保己一の旧家:場所は旧家の道路沿い
    ■Web
    [6]巨樹巨木林データベース:幹周と樹高を引用(調査年2000)
    [7]本庄市(公式)    :本庄市の市営公式サイト
    [8]埼玉県(公式)    :埼玉県の県営公式サイト、塙保己一の墓所の情報あり
    [9]塙保己一記念館(地図):塙保己一の遺品や関係資料に業績などを展示
    近辺の巨木 宝輪寺のカヤ :本庄市内、龍清寺からは10km弱.飛龍の榧と同じく根元が大きい.

    巨木と雑記1.塙保己一

     龍清寺の建つ本庄市保木野は、埼玉を代表する近世の偉人の一人、塙保己一の出生地。 塙保己一の業績について。 誕生は延享3年(1746)。幼少時に盲目となるも、学問を研鑽し、江戸にて国学者として大成。 寛政5年(1793)、幕府公認の学問所である和学講談所を創立。 安永8年(1779)、膨大な数の歴史書と文学書をまとめた一大叢書、群書類従を刊行。 文政4年(1821)、盲人の最高位の官職・検校を統括する総検校に就任。 後の学者の育成や、学問の研究に多大な貢献を成した人物です。 [5・7]

     塙保己一の墓碑と旧家があるのは、龍清寺のすぐ近く(南側)。 墓碑は子孫(萩野家)の方が、明治19年に四谷の安楽寺の墓所から、土を持ち帰って慰霊したのが始まりだそう。 墓碑は近年に、綺麗に整備された塙保己一公園の奥に移されました。 ちなみに、明治30年に安楽寺は廃寺となり、元の墓所は新宿の愛染院へ移され現存しています。 [3・8]
     旧家は趣ある茅葺屋根の建物。 子孫の方が現在も居住しているため、景観に配慮しつつ、多少の改築は行われています。 道路沿いからの見学が主。無断で敷地内へ立入るのはいけません。 [5]

    巨木と雑記2.龍清寺の歴史

     龍清寺は真言宗豊山派の寺院(不動院東方山)で、児玉三十三霊場二十七番札所。 創建は慶長年間(1596~1615)。 その後、宝永年間(1704~11)に暴風雨で倒壊。 正徳年間(1711~16)に中興の祖、袋算和尚が再建するも、その後に火災で寺史や寺宝を消失。 現在の本堂は、文政13年(1830)に再建されたものが元だそうです。 [1・2]

     時代は昭和に入って無住の期間もあり、寺は荒れた時期があったそうです。 そんな時に住職となった真淨和尚が、本堂の改築を発願。 檀徒の賛同を得て改築工事は始まりますが、その最中に和尚は病が重くなり遷化。 本堂の改築は、着工から約100日、延人員400人にて完成。 カヤの前に建つ石碑「本堂屋根改築記念碑」の建立の日付は昭和31年1月17日。 [2]

    巨木と雑記3.飛龍の榧

     飛龍の榧にまつわる伝承について。 カヤは中興の祖、袋算和尚の手植えによるもの(樹齢の根拠)。 和尚は上野国新田郡笠懸(現・群馬県みどり市の一部)にある不動寺の修行僧でした。 あるとき、師僧から修行の旅に出るように諭され、そして辿り着いたのが、 この保木野の地にあった不動堂。 和尚、荒れていた不動堂の再興と修行に励むこと幾星霜。 師僧から形見として渡されたカヤの実は、いつしか大木へ成長。 和尚はかつて、龍神に乗って飛ぶ夢(睡眠時)を何度も見たことを思い出し、飛龍の榧と名付けたと云われます。 [1]

     このカヤの特徴は、大きく南へ傾いた主幹。 根元から頭頂部まで、滑らかな線を描いて湾曲。 今まさに、天へ昇らんと巨体を剃らした飛龍。そんな名が示す通りの立姿。 何故このような樹形になったのでしょうか。 ここは風通りのよい平野のど真ん中。 昔から田畑が多くて遮蔽物が少なく、上州名物・空っ風に揉まれた結果か。 根元は大きな球状の錘のように隆起し、傾いた長い主幹を支えています。
     個性や特徴の強い巨木にある、独特な荒々しい雰囲気。 そういったものは、樹齢が若いのもあるでしょうが、このカヤは薄い感じです。 大きく傾いだ全体の立姿は、決して不恰好ではなく、柔らかで風雅なものとして映ります。 中腹には、垂直方向に成長中の大枝が数本。 10数年後の飛龍は、背に大きな翼を広げた姿となっているかもしれません。