• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 埼玉 / 沼和田宝輪寺のカヤ

    沼和田宝輪寺のカヤ

    巨木の写真

    撮影日:2017.03.24 【01】根元の周囲は10m近くあるという宝輪寺のカヤ.根元に石の祠. 沼和田宝輪寺のカヤ01
    【02】本堂 沼和田宝輪寺のカヤ02
    【03】カヤ 沼和田宝輪寺のカヤ03
    【04】カヤ 沼和田宝輪寺のカヤ04
    【05】カヤ 沼和田宝輪寺のカヤ05
    【06】カヤ 沼和田宝輪寺のカヤ06
    【07】カヤ 沼和田宝輪寺のカヤ07
    【08】カヤ 沼和田宝輪寺のカヤ08
    【09】カヤ 沼和田宝輪寺のカヤ09
    【10】クスノキ 沼和田宝輪寺のカヤ06
    【11】クスノキ 沼和田宝輪寺のカヤ07
    【12】観音堂 沼和田宝輪寺のカヤ08
    【13】観音堂 沼和田宝輪寺のカヤ13

    巨木の詳細

    巨木の名前 沼和田宝輪寺のカヤ[1]
    樹種 カヤ(榧)
    幹周 4.95m[1] 5m[3]
    樹高 27m[3]
    推定樹齢 300年以上[3]
    特徴 大きく隆起した根元
    保護指定 本庄市指定天然記念物
    所在地 埼玉県本庄市沼和田869
    所在施設 宝輪寺
    撮影日・状態 2017.03.24 : 樹勢は良好な様子.主幹の上端は欠損.実際の樹高は上記の値ほどなさそう.
    アクセス
    ■本庄児玉IC(関越自動車道)
      距離:約4.3km
      経由:国道462-県道351-市道
    電車 ■本庄駅(JR赤城・高崎・湘南新宿)
      距離:約3km
      経由:徒歩以外ではタクシーか市営のデマンドバス(事前予約)
    バス ■宝輪寺東(本庄市デマンドバス)
      経由:本庄駅からデマンドバス・はにぽん号を利用
         (デマンドバス・予約センター:0495-21-7797)
    参考情報 ■現地資料
    [1]立札・カヤ      :大カヤの根元に建てられたもの
    [2]解説板・観音像    :観音堂の手前に建つ解説板、観世音菩薩立像の由来について掲示
    ■Web
    [3]巨樹巨木林データベース:幹周と樹高を引用(調査年2000)
    [4]本庄市(公式)    :本庄市の公式サイト.市の歴史や観光情報など.
    [5]上里町(公式)    :上里町市の公式サイト.町の歴史や観光情報など.
    近辺の巨木 飛龍の榧 :本庄市内、宝輪寺からは10km弱.大きく傾いた樹形が特徴.

    巨木と雑記1.本庄市と宝輪寺

     埼玉県の北西部に位置する本庄市。 市の中央を通る国道17号線の沿線は、江戸時代に中山道の宿場として栄えました。 本庄宿は武蔵から上野(群馬)・越後・信州へ向かう交通の要所。 天保14年(1843)頃には、中山道で最大規模の宿場であったそうです。 西隣の上里町には、本庄宿と新町宿(群馬県高崎市新町)を結ぶ、神流川の渡場がありました。 この渡場は、浮世絵の木曽街道六十九次の一景の題材にもなりました(作・渓斎英泉)。 [4・5]

     宝輪寺があるは、JR本庄駅のある市街中心部から、北に直線で2kmほど離れた郊外。 対岸に群馬県の伊勢崎市がある利根川に近く、国道462号線に接した沼和田の地域です。 宝輪寺は集落の中心にある菩提寺。 天正年間(1573~1592)の開基と伝えられるそうです[4]。
     境内の観音堂の前に建つ解説板を見て驚いたことがあります。 なんと御本尊の観音像が盗難に遭って紛失したと記されていたのです。 観音像は室町時代の初期の作で、本庄市の文化財の第一号となったもの。 詳細は不明ですが、昭和33年には仏像はまだ無事だった様子。 ・・・何という無念か。 現在、観音堂には、多くの方の浄財により復元された御本尊が祀られています。[2]

    巨木と雑記2.カヤとクスノキ

     宝輪寺の境内には巨木が2本。 本堂の向かって左側にカヤ。 境内の南東、山門から続く参道沿いにクスノキ。 クスノキの幹周と樹高は、巨樹巨木林データベース[3]によると、3.92mと35m。 実際の樹高はもう少し低い様子でした。 カヤよりも若い木の印象で、枝張りは広く、堂々とした立姿。

     カヤもクスノキと同様に樹勢は良く、目立つ損傷はない様子。 と思ったら、目立ちませんが、主幹の頭頂部を失っている様子。 巨樹巨木林データベース[3]にある大枝欠損とは、この部位なのでしょう。 根元は巨大な球根のように隆起しているのが特徴的。 根元にある立札[1]によれば、根の周囲は10mもあるとか。 根元に近い主幹の下部には、小枝が密集した塊があり、何だか腰蓑みたい。 頭頂部に注ぐ予定だったエネルギーが、下から噴出しているようにも見えました。