• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 埼玉 / 普済寺のカヤの木

    普済寺のカヤの木

    巨木の写真

    普済寺の境内(2017.03.24) 【01】山門:普済寺の入口に並びたつ2本の大カヤ 普済寺のカヤの木01
    【02】境内 普済寺のカヤの木02
    【03】御影堂 普済寺のカヤの木03
    【04】本堂 普済寺のカヤの木04
    【05】本堂 普済寺のカヤの木05
    2本の大カヤ(2017.03.24) 【01】参道・2本:普済寺の創建当時からあったと思われる寺のシンボル 普済寺のカヤの木01
    【02】参道・2本 普済寺のカヤの木02
    【03】参道・2本 普済寺のカヤの木03
    【04】東のカヤ 普済寺のカヤの木04
    【05】東のカヤ 普済寺のカヤの木05
    【06】東のカヤ 普済寺のカヤの木06
    【07】東のカヤ 普済寺のカヤの木07
    【08】東のカヤ 普済寺のカヤの木08
    【09】東のカヤ 普済寺のカヤの木09
    【10】西のカヤ 普済寺のカヤの木06
    【11】西のカヤ 普済寺のカヤの木07
    【12】西のカヤ 普済寺のカヤの木08
    【13】西のカヤ 普済寺のカヤの木13

    巨木の詳細

    ([ ]は引用元の番号です.地図は拡大地図のウインドウを表示してご覧ください )

    巨木の名前 普済寺のカヤの木[2]
    樹種 カヤ(榧)
    幹周 東・西 : 4.4m・4.1m[1]
    樹高 東西 :22m[1]
    推定樹齢 800年[2]
    特徴 普済寺の入口に東西並び立つ2本のカヤ
    保護指定 深谷市指定天然記念物
    所在地 埼玉県深谷市普済寺(旧岡部町)
    所在施設 普済寺
    撮影日/状態 2017.03.24 : 東株は上層西寄りに枯枝、西株は幹の一部に損傷.全体的には樹勢は良さそう.
    アクセス
    ■本庄児玉IC(関越自動車道)
      距離:約9.5km
      経由:国道462-県道23-国道17
    ■花園IC(関越自動車道)
      距離:約12km
      経由:国道140-市道-県道86-市道-国道17
    ■太田薮塚IC(北関東自動車道)
      距離:約18km
      経由:県道315-国道17-県道14-県道45-県道355
    電車 ■岡部駅(JR他先線・JR湘南新宿線)
      距離:約1.5km、徒歩で約15分
    引用 [1]巨樹巨木林データベース :幹周と樹高を引用(調査年2000)
    [2]深谷市公式サイト    :名称と推定樹齢を引用(名勝・天然記念物)
    [3]深谷市遺跡データベース :岡部氏館跡の調査報告書から引用
    [4]現地解説板       :普済寺の北に位置する岡部六弥太忠澄之墓の解説板
    [5]図書・埼玉県大里郡郷土誌:著者・下田江東、出版社・埼玉民報社、出版年1919
    近辺の巨木 高島の榧      :深谷市の巨木.東西の2株に分かれているが昔は1本の巨樹だった.
    近辺の観光 深谷市・観光情報  :深谷市の公式サイトの観光情報.
    道の駅・おかべ   :国道17号線沿い.主な施設は物産店・農産物直売所・食堂など.
    道の駅・かわもと  :国道140号線沿い.主な施設は物産店・農産物直売所・食堂など.
    渋沢栄一ミュージアム:深谷出身の偉人「日本資本主義の父」こと渋沢栄一を詳しく紹介するサイト.
    渋沢栄一記念館   :渋沢栄一の資料を展示.2017年9月21日に天皇皇后両陛下がご訪問された.
    旧渋沢邸・中の家  :渋沢栄一の妹夫妻により明治28年に上棟された建物.
    誠之堂・清風亭   :東京都の世田谷区から移築した大正時代の洋館.誠之堂は渋沢栄一の別邸であった.
    煉瓦資料館     :旧・日本煉瓦株式会社の煉瓦製造施設を見学できる.ホフマン輪窯が現存する.

    巨木と雑記

     2本の大カヤが境内に立つ普済寺は、深谷市の北西部に位置。 旧・大里郡岡部町(深谷市に2006年に合併)に属す地域で、江戸時代には岡部藩がありました。 普済寺は建久年間(1190~1198)に、武将の岡部忠澄が晩年に創建し、 栄朝禅師により開山された古刹と云われます[5]。

     普済寺の大カヤは境内入口に山門のように構え立つ2本。 今まで訪れた寺社では、入口にスギとケヤキの大木が構える所はあったがカヤは初めて。 寂びた風格と威厳が感じられる、禅寺に相応しい雰囲気の大カヤ。 素晴らしい2本の大カヤを眺められる整然とした境内は、とても居心地が良いものです。
     東西に並ぶ2本とも互角の大きさですが、東側のカヤの方が少しだけ幹が太いように感じます。 2本とも一部に損傷が見られますが、背は高く枝葉を茂らせているので、樹勢は良い様子。 推定樹齢[2]からすると、お寺の創建時からこの地に建っていたのでしょう。 創建者の岡部忠澄か、開山者の栄朝禅師が植樹したのかも知れませんね。

     岡部氏について少し。岡部忠澄は平安時代末期から鎌倉時代の武将。 武蔵七党の庶流・岡部氏の当主で、源義朝、源頼朝に従い、源平合戦や奥州合戦で活躍したとされます[4]。 かつては、普済寺から北の菅原神社、北西の岡部氏の墓地、北東の稲荷神社(土塁の遺構)を囲む一帯は、 岡部氏の居館があった場所だそうです[3]。 北西の墓地には岡部忠澄や累代の五輪塔が現存していますので、興味のある方は見学されると良いでしょう。 普済寺の本堂の向かって左手前にある御影堂には、 岡部忠澄と妻(畠山重能の妹・玉の井)の木像や位牌が安置[5]。普済寺は岡部氏の菩提寺なのです。