• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 埼玉 / 高島の榧

    高島の榧

    巨木の写真

    撮影日:2017.03.24 【01】利根川沿いの田園地帯に佇むカヤの老木.東西に2株並び立つ. 高島の榧01
    【02】 高島の榧02
    【03】 高島の榧03
    【04】 高島の榧04
    【05】 高島の榧05
    【06】 高島の榧06
    【07】 高島の榧07
    【08】 高島の榧08
    【09】 高島の榧09
    【10】 高島の榧06
    【11】 高島の榧07
    【12】 高島の榧08
    【13】 高島の榧13

    巨木の詳細

    ([ ]は引用元の番号です.地図は拡大地図のウインドウを表示してご覧ください )

    巨木の名前 高島の榧[4]
    樹種 カヤ(榧)
    幹周 4.7m[1](西株)
    根周 14m[2]
    樹高 21m[1](西株)
    推定樹齢 1200年[2]
    特徴 1本のカヤが損傷で2株に分離[4]
    保護指定 深谷市指定天然記念物
    所在地 埼玉県深谷市高島
    所在施設 諏訪神社(私有地かも)
    撮影日・状態 2017.03.24 : 東西に並ぶ2株.内側の損傷が大きいが枝葉は多い.離れて見れば1本の巨樹.
    アクセス
    ■本庄児玉IC(関越自動車道)
      距離:約12km
      経由:国道462-県道23-県道45-県道356
    ■花園IC(関越自動車道)
      距離:約15.5km
      経由:国道1402-県道69-市道
    ■太田薮塚IC(北関東自動車道)
      距離:約15km
      経由:県道315-国道17-県道69-県道356
    電車 ■深谷駅(JR特急あかぎ・JR高崎線・JR湘南新宿線)
      距離:約5.5km
      経由:タクシーか深谷市コミュニティバス・くるりん「北部定期便」を利用
    バス ■JA豊里支店前(くるりん・北部定期便)
      経由:深谷駅北口から北部定期便に乗車、約25分
    引用元 [1]巨樹巨木林データベース:幹周と樹高を引用(調査年1988)
    [2]深谷市公式サイト   :推定樹齢と根周りを引用(名勝・天然記念物・榧老木)
    [3]図書・埼玉巨樹紀行  :著者・大久根茂、出版社・幹書房、出版年・2004
    [4]図書・大日本老樹名木誌:著者・本多静六、出版社・大日本山林会、出版年・1913
                  (「国立国会図書館デジタルコレクション」より閲覧)
    近辺の巨木 普済寺のカヤの木  :深谷市の巨木.境内の入口に門のように立つ2本の大カヤ.
    近辺の観光 深谷市・観光情報  :深谷市の公式サイトの観光情報.
    道の駅・おかべ   :国道17号線沿い.主な施設は物産店・農産物直売所・食堂など.
    道の駅・かわもと  :国道140号線沿い.主な施設は物産店・農産物直売所・食堂など.
    渋沢栄一ミュージアム:深谷出身の偉人「日本資本主義の父」こと渋沢栄一を詳しく紹介するサイト.
    渋沢栄一記念館   :渋沢栄一の資料を展示.2017年9月21日に天皇皇后両陛下がご訪問された.
    旧渋沢邸・中の家  :渋沢栄一の妹夫妻により明治28年に上棟された建物.
    誠之堂・清風亭   :東京都の世田谷区から移築した大正時代の洋館.誠之堂は渋沢栄一の別邸であった.
    煉瓦資料館     :旧・日本煉瓦株式会社の煉瓦製造施設を見学できる.ホフマン輪窯が現存する.

    巨木と雑記

     埼玉県の北部に位置する深谷市は、南北に荒川と利根川に挟まれた田畑が多い平野部の地域。 群馬県の伊勢崎市や太田市とは、利根川を堺にして接しています。 特産品は甘みが強くて美味しい長葱の「深谷ねぎ」。 著名な人物では実業家で近代日本経済の父と呼ばれる「渋沢栄一」の出生地です。

     高島の榧は、利根川沿いの高島地区に立っています。 田畑と民家に挟まれた場所で、諏訪神社の境内地のようです。 遠くからは1本の巨樹のように見えますが、東西に並び立つ2株のカヤの大木。 西側の株の方が一回り大きく、幹周は約5mほど。 環境省の巨樹巨木林データベースに登録されている同所在地のカヤ[1]は、この西株であると考えられます。

     深谷市の天然記念物である巨木、根周り14mの榧老木[2]は高島の榧。 この大カヤは、昔は幹に大きな空洞がある1本の巨樹であったとされ、 後に落雷や子供の火遊びなどによる損傷が原因で、現在の姿になったそうです[3]。 主幹が健在であった頃は、日本一のカヤの巨樹だったのかも。
     高島の榧の古い記録が、大日本老樹名木誌[4]に残されています。 大正2年に本多静六・林学博士が編纂した、著名な巨木1500本を記録した大変貴重な資料。 幸運にも国立国会図書館デジタルコレクションで閲覧が可能です。 316ページ(コマ番号177)に1246番目の巨木として「高島ノ大榧」が記載。 残念ながら写真や伝記などの文章はありませんが、幹周・樹高・樹齢の記録は以下です。 樹高は12mと以外と低い。大正2年頃には、既に落雷や火事で損傷を受けていたか? 樹齢は伝承が無いためか控えめ。 幹周は10mを超えるかと思いきや約9m。それでもカヤの巨樹では国内最大級。

     ちなみに、大日本老樹名木誌に掲載されている15本のカヤのうち、幹周は高島の榧が最大。 そして、私のお気に入りのカヤである埼玉県の 「西平のカヤ」 も掲載されていて嬉しくなりました。

    【 大日本老樹名木誌 高島ノ大榧 】
      ■幹周:約9.1m (地上高5尺で3丈)
      ■樹高:約12.7m(7間)
      ■樹齢:300余年