• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 埼玉 / 両神神社のヒノキ

    両神神社のヒノキ

    巨木の写真

    撮影日:2015.01.09
    両神神社のヒノキ01
    両神神社のヒノキ02 両神神社のヒノキ03 両神神社のヒノキ04 両神神社のヒノキ05
    ※画像を選択すると大きい画像がご覧になれます
    巨木の周辺(両神神社や山頂など)
    巨木の周辺・両神神社のヒノキ01
    巨木の周辺・両神神社のヒノキ02 巨木の周辺・両神神社のヒノキ03 巨木の周辺・両神神社のヒノキ04 巨木の周辺・両神神社のヒノキ05

    巨木の詳細

    巨木の名前 両神神社のヒノキ 樹種 ヒノキ(桧)
    幹周/樹高 4m / 20m(目測) 推定樹齢 (不明)
    保護指定 不明 撮影日/天候 2015.01.09 / (晴)
    所在地 埼玉県秩父郡小鹿野町両神簿(両神山の山中、両神神社の奥宮)
    アクセス
    両神山の登山口である日向大谷まで
    関越自動車道・花園IC:国道140、皆野寄居有料道路、県道44・43・37・279経由、距離43㎞
    (皆野寄居有料道路を使わない場合の距離は、51km)
    電車 西武秩父駅から小鹿野町営バスを利用
    西武秩父駅 ~ 薬師の湯:小鹿野町営バス(西武秩父線) 乗車52分
    薬師の湯  ~ 日向大谷:小鹿野町営バス(日向大谷・三峰口線) 乗車35分
    備考 ヒノキのある両神神社(奥宮)は、両神山の標高約1600m地点にある。
    登山口の日向大谷(標高約700m)からは、2時間半~3時間あれば着くだろう。
    登山口の両神山荘前と、バス停のある駐車場は有料(¥500)である。
    登山ルートの詳細については、以下の登山記録をご参考まで。
    登山記録 両神山08(表参道・1月)
    近辺の観光 小鹿野町観光協会
    近辺の巨木 (探索中)

    巨木の地図

    巨木と雑記

     両神山は日本百名山のひとつで、位置は、山頂の剣ヶ峰のある主稜線は秩父市と小鹿野町の境界にあり、 尾根を北へ進み八丁峠を過ぎれば群馬県の上野村、というとても山深い場所です。 ここで取り上げた巨木のヒノキは、両神山の主稜線から少し南にある両神神社の本社の前に立っています。 両神神社の社殿によれば、開創は、日本武尊が東征した際に、筑波山から八日の間この山を望んで着き、 神犬(狼?)の導きにより登頂し、伊弉諾命(※1)と伊弉冉命(※2)の2神を祀ったことによると云われます。 両神という山名は、2神を祀っている事以外にも他に諸説(※3)があるようです。 両神神社の本社以外の社殿は、山頂の剣ヶ峰に奥社、麓の日向大谷に里宮(両神山荘に隣接)があります。

     大ヒノキの立つ両神神社・本社は、標高約1600m地点にあり、 最も一般的な登山口の日向大谷(標高約700)から2時間30分~3時間もあれば着く場所で、登山ルート上にあります。 高い標高の尾根上に立つ巨木なので、生育環境が厳しく、全国の有名なヒノキの巨木と比べると見劣りする大きさです。 ですが、私にとって特別な巨木であることに最近気が付きました。 それは、この大ヒノキが、私の出合う回数の最も多い巨木であったということです。 登山を始めてから毎年2回は両神山に登る私にとっては、10回以上は出合ってきた巨木です。 自宅から車で100kmの道のり、登山口から徒歩2時間、 苦労して辿り着いている場所に立っている大ヒノキ(目的はもちろん登山だが…)。 この大ヒノキが愛おしくなりました。

     公開している登山ルートの詳細や写真は、1月の冬期(積雪有)のものしかありませんが、 以下の登山記録をご参照ください。
      登山記録>> 登山記録 両神山08(表参道・1月)

    【 補足 】
     ※1)伊弉諾命(イザナギノミコト)
        イザナミの兄であり夫。天地開闢のとき産まれた神世七代の1柱。
        イザナミとの国産み・神産みで、日本国土と多くの神を作る。
        天照大神(アマテラス)や素戔男尊(スサノオ)などの父神である。
     ※2)伊弉冉命(イザナミノミコト)
        イザナギの妹であり妻。国産み・神産みで日本国土と多くの神を産んだ。
        死後は黄泉国の主宰神となり、黄泉津大神、道敷大神と呼ばれる。
     ※3)両神山の山名の由来・諸説
        ①イザナギとイザナミの2柱が祭神のため両神
        ②日本武尊が東征の際に八日間見続けた(ようかみ→りょうかみ?)
        ③龍神を祀る信仰があった(りゅうじん→りょうかみ?)