• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 埼玉 / 国神の大イチョウ

    国神の大イチョウ

    巨木の写真

    撮影日:2021.03.17 【01】古墳跡の標木となった大イチョウ 国神の大イチョウ-01
    【02】 国神の大イチョウ-02
    【03】 国神の大イチョウ-03
    【04】 国神の大イチョウ-04
    【05】 国神の大イチョウ-05
    【06】 国神の大イチョウ-06
    【07】 国神の大イチョウ-07
    【08】 国神の大イチョウ-08
    【09】 国神の大イチョウ-09
    【10】 国神の大イチョウ-10
    【11】 国神の大イチョウ-11
    【12】 国神の大イチョウ-12
    【13】 国神の大イチョウ-13

    巨木の基本情報

    巨木の名前 国神の大イチョウ [1]
    樹種 イチョウ(公孫樹)
    幹周 8.20m [1][2][3]
    樹高 22.7 [1][3], 22.0m [2]
    推定樹齢 700~800年 [1][3]
    特徴 複数株立ちの樹形
    保護指定 埼玉県指定天然記念物
    所在地 埼玉県秩父郡皆野町国神字国神
    所在施設 私有地らしきところ (見学可)
    撮影日・状態 2021.03.17 : 古株を囲む側幹の集合、幹囲は東西に広い扁平な形、樹勢は悪くない
    アクセス
    関越自動車道・花園ICから約21km (見学者駐車場は長言寺にあり)
    電車 秩父鉄道・皆野駅および親鼻駅から約2㎞
    参考情報 ■現地資料
     [1] 国神の大イチョウ   :内容は上記の写真04および下記の写真02を参照
    ■外部ウェブサイト
     [2] 巨樹巨木林データベース:当巨木の登録あり(2000年度の調査記録)
     [3] 皆野町ホームページ  :当巨木の情報あり
    ■少遠景の記録
     [4] 旅日記・宝登山    :麓から徒歩で往復、山頂の展望と神社奥宮と梅百花園など

    巨木と雑記

     秩父地方でも人気の観光地のひとつ、宝登山 [4] から南麓に位置する国神の集落。 崇神天皇の御代、秩父を国造として治めた知知父彦命の墳墓があるとされるところ。 当大イチョウは後世に植えられた、墳墓の標木とされています。 朽ちた古株を囲む側幹の集合体ですが、樹冠は大きく樹勢は良い様子。 中々に立派な立姿の大イチョウです。 近くには知知父姫命のものとされる墳墓跡があり、ここにも標木とされるイチョウがある。 この周辺からは、土器や勾玉など発掘され、 そのうち直刀は東京国立博物館に展示されているそうです。 [1][3]

     アクセスについて。2本の大イチョウの前までの道は細く、民家の庭先にあるような立地。 車で直接向かうのはよくない。 近くにある長言寺の駐車場が、見学者にも開放されているようなので、利用させていただきましょう。

    cm-長言寺-01 【01】長言寺の境内、本堂正面にある駐車場。ここを利用させていただいた。
    cm-長言寺-02 【02】長言寺の前にも国神の大イチョウについての解説板があった。