• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 埼玉 / 明ヶ指のカツラ

    明ヶ指のカツラ

    巨木の写真

    明ヶ指のカツラ(2017.04.07) 【01】4月上旬に桜の名所である青雲寺と併せて訪れた.カツラの花はまだ蕾. 明ヶ指のカツラ01
    【02】 明ヶ指のカツラ02
    【03】 明ヶ指のカツラ03
    【04】 明ヶ指のカツラ04
    【05】 明ヶ指のカツラ05
    【06】 明ヶ指のカツラ06
    【07】 明ヶ指のカツラ07
    【08】 明ヶ指のカツラ08
    【09】 明ヶ指のカツラ09
    【10】 明ヶ指のカツラ06
    【11】 明ヶ指のカツラ07
    【12】 明ヶ指のカツラ08
    【13】2008年の姿 明ヶ指のカツラ13
    周辺の様子(2017.04.07) 【01】明ヶ指のたまご水.この日は鹿の鳴き声がよく聞こえた. 明ヶ指のカツラ01
    【02】たまご水 明ヶ指のカツラ02
    【03】安谷川・上流 明ヶ指のカツラ03
    【04】安谷川・上流 明ヶ指のカツラ04
    【05】炭窯 明ヶ指のカツラ05
    【06】木橋 明ヶ指のカツラ06
    【07】木橋 明ヶ指のカツラ07
    【08】洞窟 明ヶ指のカツラ08
    【09】洞窟 明ヶ指のカツラ09
    明ヶ指のカツラ(2014.08.12) 【01】夏の濡れた大カツラ.お勧めしないが雨天の雰囲気も良いものだ. 明ヶ指のカツラ01
    【02】 明ヶ指のカツラ02
    【03】 明ヶ指のカツラ03
    【04】 明ヶ指のカツラ04
    【05】 明ヶ指のカツラ05
    周辺の様子(2014.08.12) 【01】昌福寺の近くから続く林道、別荘地の手前.右へ進むと大カツラ. 明ヶ指のカツラ01
    【02】たまご水の手前 明ヶ指のカツラ02
    【03】たまご水 明ヶ指のカツラ03
    【04】たまご水 明ヶ指のカツラ04
    【05】安谷川・上流 明ヶ指のカツラ05

    巨木の詳細

    巨木の名前 明ヶ指のカツラ(仮名)
    樹種 カツラ(桂)
    幹周 11m[1]
    樹高 30m[1]
    推定樹齢 不明
    特徴 沢の中から見上げる姿がとても美しい
    保護指定 不明
    所在地 埼玉県秩父市荒川上田野
    所在施設 安谷川の上流右岸(山中)
    撮影日・状態 2017.04.07 : 3年前と大きな変化なし.花を期待したがまだ蕾であった.
    2014.08.12 : 雨天.樹勢は良い様子.側幹の集合体だが根元は密に固まり迫力がある.
    アクセス
    ■花園IC(関越自動車道)
     【 林道コース 】
       距離:約40km(+徒歩)
       経由:国道140~市道~林道
          「秩父温泉郷やすらぎの里」の入口から徒歩約200m
     【 安谷川・木橋コース 】
       距離:約39km(+徒歩)
       経由:国道140~市道
          「そば処・和味」の付近から徒歩約1km
    電車 ■武州日野駅(秩父鉄道)
      距離:約2.2km
      経由:そば処・和味の前まで道路を南下、安谷川の橋を渡り林道を行く
    参考情報 ■現地資料
    [1]カツラ・標柱         :根元の近くにあるもので樹高と幹周が記録
    [2]明ヶ指のたまご水・解説板   :たまご水の近くにある(写真なし)
    ■Web
    [3]ジオパーク秩父        :安谷川の洞穴がマンガン採掘跡と示す内容がある
    [4]旅日記・寺・巨木・ダム    :少遠景色の旅日記、カツラの他に長泉院と浦山ダムを紹介
    [5]明ヶ指のカツラ(トラベルjp):明ヶ指のカツラを紹介する記事(travel.jp)
    近辺の巨木 清雲寺のサクラ :境内は枝垂れ桜の大木で覆われている.秩父を代表する桜の名所だと思う.

    巨木と雑記1.立地とアクセス

     明ヶ指のカツラの立つ場所は、荒川の支流、滑沢渓谷から流れる安谷川の奥地。 主なアクセスは、木橋を徒歩で渡る左岸ルートと、別荘地まで林道を行く右岸ルート。 なお、左岸ルートは木橋を渡ってしばらく登った後、右岸ルートの林道に合流。

     右岸ルートは別荘地(秩父温泉郷やすらぎの里)まで車でも進めるが、 林道は未舗装かつ細いので軽自動車向き。大型車や車高の低い車は危険。 また駐車する位置に迷うでしょう。 左岸ルートは、安谷川の木橋へ下りる道の目印は、蕎麦処・和味。 駐車場を利用する場合は、お店の人に確認して下さい。 最寄の武州日野駅から徒歩で向かう場合は、この左岸ルートが最短でしょう。 ちなみに、安谷川の木橋の近くにある洞窟は、マンガンの採掘跡[3]のようです。

    巨木と雑記2.明ヶ指のたまご水

     たまご水について、現地解説板[2]の内容を簡単に説明。 この地方には、たまご水と呼ばれる硫黄分を含んだ湧水が所々にあり、 昔の人々は、風呂の水や飲むことで養生に利用した。 効能は、吹き出物・胃腸病・神経痛・冷え性などとされ、湧水のある所には湯屋が建ったという。 村内(旧・秩父郡荒川村)にある古い鉱泉旅館の縁起には、 鳩や鹿が鉱泉に体を浸して傷を癒しているのを発見、というものがみられる。以上。

    巨木と雑記3.カツラの感想

     この大カツラの初訪問は2008年6月。私が初めて出会ったカツラの巨木。 この2年後に訪れた群馬の 「シャロム樹」 とともに、私がまず想い描くカツラの巨木です。 立地はカツラが好む水の集まる場所で、正面の安谷川の沢と背後に谷。 樹形はカツラの巨木にありがちな、主幹から世代を継いだ側幹の集合体。 でも疎らではなく、根元は密に固まり、3本の大きな側幹が天高く伸びているので、重量感ある迫力の姿。 姿は3つの台座がある巨大な燭台を想わせます。 沢に下りて正面から見上げる姿には特に惚れました。 巨木は大自然の神秘が顕現したもの。 命が刻んだ悠久の造形、その神殿のような姿に沸き起こる畏敬。 巨木巡りを始めた頃の、新鮮な感動を呼び覚ましてくれる1本です。