• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 茨城 / 東光寺の椎

    東光寺の椎

    巨木の写真

    撮影日:2021.12.16 【01】茨城県の南西部では最大級のスダジイ 東光寺の椎-01
    【02】 東光寺の椎-02
    【03】 東光寺の椎-03
    【04】 東光寺の椎-04
    【05】 東光寺の椎-05

    巨木の基本情報

    巨木の名前 東光寺の椎 [1]
    樹種 スダジイ (すだ椎)
    幹周 5.80m [1], 6.00m [2][3]
    樹高 15.0m [1][3]
    推定樹齢 800年以上 [1]
    特徴 主幹上部の欠損、健全な部位は東側に集中
    保護指定 古河市指定天然記念物
    所在地 茨城県古河市前林
    所在施設 東光寺
    撮影日・状態 2021.12.16 : 主幹は西側全体を固めた治療跡がある、樹冠はさほど大きくないが、東側の根本は逞しい
    アクセス
    圏央道・境古河ICから約9㎞、圏央道・五霞ICから約11㎞、東北道・加須ICから約13㎞
    電車 JR栗橋駅 (東武日光線も接続) から約6㎞、JR古河駅から約8㎞
    参考情報 ■現地解説板
     [1] 東光寺の椎      :内容は下記雑記の写真を参照
    ■外部ウェブサイト
     [2] 古河市ホームページ  :当巨木の情報あり
     [3] 巨樹巨木林データベース:当巨木の登録あり (2000年度の調査記録)
    ■少遠景の記録
     [4] 釈迦香取神社のケヤキ :古河市、最寄りの巨木
     [5] 雀神社の大欅     :古河市街地、古河城下の総鎮守であった古社、御神木の他にも大木が多数
     [6] 小蓋宮の大欅     :古河市街地、古河駅の東口、単幹では市内最大の巨木

    巨木と雑記

     古河市の南端、利根川に接した前林地区。 当地の中心にあのが東光寺、創建から1000年以上の歴史を持つという古刹です。 平安時代の頃から存在していたようで、 承平年間 (931~938) のとき、平将門の乱による戦火で焼失。 後の天承年間 (1131~1132) に再興。 このとき植えられたのが大シイと伝わるそうです。[1][2]

     東光寺の大シイ。 古河市内では最大、県の南西部エリアでは最大級のスダジイです。 初見では少々驚く姿でした。 治療跡、主幹西側のほぼ全面が、補修材で固められた白い壁。 西側からは、まるで作り物の木のように見えるのです。 一方、東側の姿は老大樹としての威容を留めています。 根本は力強く健全な部位が多い。 複数の大枝も伸ばしていて、懸命に失った半身を取り戻そうとしている。 予想以上に印象深い大シイでした。

    cm-東光寺-01 現地解説板