• TOP
  • 巨木
  • 登山
  • 渡良瀬
  • 旅日記
  • 更新履歴
  • PR
  • 巨木TOP / 茨城 / 安楽寺のカヤ

    安楽寺のカヤ

    巨木の写真

    撮影日:2021.12.16 【01】風格極まるカヤ老樹。奥に見えるのは鐘楼。 安楽寺のカヤ-01
    【02】 安楽寺のカヤ-02
    【03】 安楽寺のカヤ-03
    【04】 安楽寺のカヤ-04
    【05】 安楽寺のカヤ-05
    【06】 安楽寺のカヤ-06
    【07】 安楽寺のカヤ-07
    【08】 安楽寺のカヤ-08
    【09】 安楽寺のカヤ-09

    巨木の基本情報

    巨木の名前 安楽寺のカヤ (仮)
    樹種 カヤ (榧)
    幹周 5.00m [2][4]
    樹高 10.0m [4]
    推定樹齢 不明
    特徴 真っ直ぐな単幹
    保護指定 不明
    所在地 茨城県常総市大輪町
    所在施設 安楽寺 (正覚山蓮前院)
    撮影日・状態 2021.12.16 : 主幹上部が枯れていて根本の一部に枯損、細枝が多いという古木だが荘厳な立姿である
    アクセス
    圏央道・常総ICから約7㎞、坂東ICから約11㎞
    電車 常総線・北水海道駅から約5㎞
    参考情報 ■現地資料
     [1] 安楽寺の解説板     :内容は下記雑記の写真05を参照
     [2] カヤの解説板      :内容は上記巨木の写真09を参照
    ■外部ウェブサイト
     [3] 安楽寺ホームページ   :境内の紹介にロケ地としての情報あり
     [4] 大生郷天満宮ホームページ:関東最古の天満宮、安楽寺は当社の別当寺であった
     [5] 巨樹巨木林データベース :当巨木の登録あり (2006年度の調査記録、全国巨樹・巨木林の会)
    ■少遠景の記録
     [6] 弘経寺の来迎杉     :付近の巨木スポット、浄土宗の古刹にたつ常総市で最大のスギ

    巨木と雑記.常総の厄除け大師

     安楽寺は創建から千余年もの歴史を持つという真言宗の古刹。 厄除けの元三大師とも呼ばれ、正月の大がかりな護摩供には、大勢の人々が参拝します。 そんな古刹の山門 (中門) 前には、その長い歴史を体現しているかのような、カヤの老樹。 昭和30年 (1955) の大火による傷跡、枯損している箇所がありますが、じつに荘厳な立姿です。 県の南部でも有数の風格を持つカヤでしょう。

     安楽寺の由緒について [1] [3] [4] 。起源は平安末期の延長7年 (929)。 菅原道真の三男である菅原景行が、東国にて下総守や常陸介を歴任したとき。 当地から北西の大生郷に、父を祀る天満宮を建立し、その別当寺として安楽寺が創建された。 関東最古とされる天満宮を管理する神宮寺であった。 戦国時代の天正4年 (1576)、下妻の多賀谷氏と後北条氏との戦火により焼失。 後、多賀谷氏によって現在地に再建。 江戸時初期の慶安年間 (1648-1652)、天海大僧正が上野寛永寺に元三大師を勧請。 その際に江戸の鬼門の守護として、当寺にも元三大師が勧請された。 以後、江戸も守る厄除け大師として栄え、60もの塔頭を従える大寺院であった。

    cm-安楽寺-01 【01】本堂が建つ敷地へ入る中門の前。本堂は見切れているが左奥。 正面奥に見えるのが元三大師堂。
    【02】 cm-安楽寺-02
    【03】 cm-安楽寺-03
    【04】 cm-安楽寺-04
    【05】 cm-安楽寺-05


     最後に木々に包まれた長い表参道について。 安楽寺の参拝ではぜひ歩いてみてください。特に長壽門の一帯の雰囲気がよい。 ここはたくさんの時代劇のロケ地にもなっています。 タイトルの詳細は安楽寺ホームページ [3] を参照。 見覚えのある景色に出会えるかもしれませんよ。